Lala Vie Beauty Report Part.10
毎日のシミのケアと予防法にポイント
美容のプロ約200人のシミ事情を調査

美容のプロ200人にきいた「シミのケアと予防法」をご紹介します。

今回ララヴィは全国の美容のプロ(美容部員、エステティシャン、美容家、メイクアップアーティストなど)216人に、シミに関するアンケート調査を実施しました。

※アンケート回答期間:2022年2月22日~28日


【調査結果】

美意識の高さから「1年中シミのケアをしている」という回答が断トツ

美容のプロということもあり、美容意識が高く「1年中」という回答が断トツの結果になりました。
シミのケアを1年中おこなうことは、美容の世界では基本的なケアの1つであるということが分かりました。

またケアをすることでシミの状態も約70%の方が「シミが目立たなくなった/少し目立たなくなった」と回答しました。
このことから1年を通してケアを続けることが重要だと分かります。

ではシミを予防するためにはどのような対策をおこなっているのでしょうか?


シミ予防には日焼け止めが必須、さらに摩擦レスな洗顔方法もポイントに

「日焼け止めを塗る」と回答した方が最も多いことからも、シミ予防に日焼け止めは必須アイテムになるようです。
次いで「肌を強く擦らないようにクレンジング・洗顔をする」と回答した方が92人で、2番目に多い結果となりました。
これは摩擦により色素沈着でできるシミを防ぐためだと考えられます。

以上の結果から、美容のプロがシミを予防する際に大切にしているポイントは“1年中、毎日シミをケアすること”・“日焼け止めによる紫外線対策”・“お肌に負担をかけない洗顔方法で、摩擦による色素沈着を予防すること”がポイントになると考えられます。


<シミでお悩みの方におすすめララヴィ3アイテム>

SPF42・PA++++ 全方位型*のUVプロテクト

降りそそぐ紫外線やブルーライトを徹底ブロックしながら、花粉やPM2.5などの微粒子汚れが肌に付着するのを防ぎ、ストレスフリーな素肌に。

紫外線吸収剤フリーのノンケミカル処方なのに、みずみずしい使用感と高SPF(SPF42)・高PA(PA++++)を実現しました。

*紫外線や乾燥、花粉やPM2.5などの微粒子汚れから肌を守ること


植物の恵みから生まれた美白*1美容液

植物由来の美白有効成分“ボタニカルポリフェノールEA*2”が、メラニンの生成をおさえて日やけによるシミ・そばかすを防ぎ、透き通るような透輝肌へと導きます。

またボタニカルのスキンクリア成分*3配合で、お肌のキメを整えハリを与えながらうるおいで満たし、くすんだお肌の明るさを引き出します。

やわらかな使用感で、なめらかにすっとなじみます。

*1有効成分エラグ酸 メラニンの生成をおさえて日やけによるシミ・そばかすを防ぐ*2エラグ酸*3チンピエキス、油溶性カモミラエキス


お肌をやさしく洗い上げるW洗顔不要のクレンジングバーム

クッションのように厚みのあるオイルを採用することで、お肌への摩擦を軽減。
またダブル洗顔不要のためお肌を擦る回数も減り、素肌をやさしくいたわりながらクレンジング・洗顔いただけます。

数量限定で販売中の「ローズの香り」は、ダマスクローズとゼラニウムをブレンドした心安らぐ香りです。

こちらの記事に関連する商品はこちら

  • UVディフェンス エマルジョン
  • ホワイト オイルイン エッセンス
  • 【数量限定】クレンジングバームROSE

こちらの記事も読まれています

  • Lala Vie
    2022/06/07 
    Lala Vie Beauty Report Part.11
    UVケアは紫外線対策だけではない?
    美容のプロにきいた 現状よりもシミを増やさずに予防するためのUVケア
    美容のプロ約200人にきいたオススメのUVケア方法をご紹介します。
  • Lala Vie
    2022/05/19 
    Lala Vie Beauty Report Part.9
    美容のプロ約200人のボディケア事情を調査
    70%以上が月1回以上の黒ずみケアを実践
    美容のプロはボディの黒ずみケアをどのようにしているのでしょうか?
  • Lala Vie
    2022/04/21  2022/04/22
    Lala Vie Beauty Report Part.8
    「美白」=「透明感のある肌」? 美容のプロ約200人にきいた美白ケア調査
    美容のプロ約200人に「美白ケア」について調査。そのケア方法とは?