お肌のうるおいを守るセラミドの働き

外部刺激からお肌を守るセラミドの働きについて解説します。

セラミドとは?

肌には本来、乾燥やほこりなど肌荒れを引き起こす外部刺激から、肌を守るための機能が備わっています。
これを肌の「バリア機能」といいます。

「セラミド」は、このバリア機能の役割を担っており、肌の角質層の細胞間脂質に存在します。
細胞間脂質は角質層の水分保持の約80%を担っているとされています。
セラミドはこの細胞間脂質の約40%を占める主成分になります。


セラミドの役割

セラミドは角層の中で細胞同士や水分をつなぎとめる役割を担っています。
細胞間脂質は、角層細胞の間で、「セラミド」などからなる脂質の層と水の層が、一定にすき間なく積み重なる構造をしており、これをラメラ構造といいます。

肌内部がセラミドで十分に満たされていると、ラメラ構造が整い、お肌のバリア機能が整うことで、花粉や紫外線、乾燥などの外的刺激から守ってくれます。さらに水分蒸発を抑えてくれます。

しかしセラミドが不足すると、ラメラ構造が乱れ、バリア機能が弱まってしまいます。
バリア機能が弱まると外的刺激を受けやすくなり、お肌の乾燥や、かゆみなどが起こるだけでなく、炎症を起こすなど敏感な肌状態に陥りやすくなります。


セラミドは年齢を重ねる毎に、確実に減少していきます。
ではセラミドが減少した年齢肌は、どのようにケアすれば良いのでしょうか?


セラミドが減少した年齢肌をオイルでケア

こちらは年齢とセラミド量の変化を示した図です。

角質層の中のセラミド量は40歳頃を過ぎると、20歳の約半分にまで減少しています。
セラミドが減少した年齢肌はバリア機能が弱まり、お肌の水分が失われやすくなっています。
そこでお肌の水分が失われないように、セラミドが減少した年齢肌には、油分=オイルを補充し、皮脂膜のようにオイルでフタをすることが大切になります。


ぜひ今日から、お肌に油分を与えることを意識してスキンケアをしてみてください。

こちらの記事に関連する商品はこちら

  • シフォンクリーム

こちらの記事も読まれています

  • ハリのある体
    BEAUTY TIPS
    2021/01/04
    顔も体もハリ感あふれる肌に
    誰でも簡単にできる、ハリ感あふれるボディへ導く方法をご紹介します。
  • BEAUTY TIPS
    2020/12/25
    マスクによる肌荒れを防ぐには?
    マスクによる肌荒れ対策を伝授
    外出時に欠かせないものとなったマスク。そんなマスクによる肌トラブルに悩んでいる方も多くなっているのではないでしょうか?マスクによる肌荒れを予防するための方法と、マスクによって荒れてしまった肌をケアする方法をご紹介します。
  • ツヤ髪
    BEAUTY TIPS
    2020/12/22
    髪の乾燥を防ぎツヤ髪を目指そう
    気づくと乾燥している髪。
    今回は乾燥した髪をツヤ髪へと導く方法をご紹介します。