お肌のうるおいを守るセラミドの働き

外部刺激からお肌を守るセラミドの働きについて解説します。

セラミドとは?

うるおいのイメージ

数多くの化粧品に配合されているセラミドは、誰もが一度は耳にしたことがあるようなポピュラーな成分です。
しかし、セラミドがどのような成分で私たちの肌にどのような影響を及ぼすのか詳しく知っている人となると少ないのではないでしょうか?
今回は、私たちの肌に大きな影響を与えるセラミドにスポットを当て、その働きや肌に及ぼす影響などについて詳しくご紹介します。

セラミドとは、私たちの肌の一番外側にある角質層の中に存在する成分で細胞間脂質の一種です。
細胞間脂質は角質層の水分保持の約80%を担うと言われていますが、セラミドはこの細胞間脂質の約40%を占める主成分です。
つまりセラミドとは、私たちの肌のうるおいに関わる重要な成分と言えます。


セラミドの役割

セラミドは、角質層の中で細胞同士や水分をつなぎとめる役割を担っています。

細胞間脂質は角質層にある細胞の間でセラミドなどからなる脂質の層と水分の層が規則正しく交互に重なりあったミルフィーユ状の構造をしています。
これをラメラ構造といいます。

ラメラ構造が整っている状態の肌というのはセラミドで満たされ、肌内部の水分は気温や湿度に左右されて蒸発しにくく、十分に保たれています。
つまりセラミドが水分をしっかりと保持することで乾燥から肌を守る保湿機能という役割を果たしているのです。

このほか肌は乾燥や花粉、ほこりなど肌荒れを引き起こす外部刺激から肌を守るバリア機能を兼ね備えています。
ラメラ構造が整っている状態の肌というのは、この「バリア機能」が十分に働いている状態です。

このことからセラミドは保湿機能とバリア機能に関わり、うるおいのある健やかな美肌を育むためには欠かすことができない成分と言えます。



セラミドが不足すると肌はどのような状態になるのか?

上の画像は年齢と角質層内のセラミドの量の変化を示した図です。
これによると角質層内のセラミドの量は年齢とともに確実に減少していき40歳を過ぎると、20歳の約半分にまで減少してしまいます。

それではセラミドの量が減少し不足すると、肌はどのような状態になるのでしょうか?
セラミドが不足すると、ラメラ構造が乱れ肌のバリア機能が弱まってしまいます。

その結果、乾燥や花粉、ほこりなどの外部刺激を受けやすくなり赤みやかゆみなどを伴う慢性的な炎症を引き起こしたり、わずかな刺激にも敏感に反応するようになったりしてしまいます。

またバリア機能の低下は肌トラブルを引き起こすだけでなく、シワやたるみ、シミといった肌老化も加速することに繋がります。
実際に敏感肌の方は健常な肌の方よりも肌老化が進行しやすいと言われています。
つまりセラミドは肌老化のスピードを左右すると言っても過言ではないほど私たちの肌にとって非常に重要な成分なのです。


セラミドが減少したお肌のケア

年齢とともに減少し不足してしまうセラミド。
ではそのような年齢肌にはどのようなケアを行えばよいでしょうか?

その方法はとても簡単で、セラミドが配合された化粧水や美容液、クリームなどを使用することです。
ぜひ日々のケアに積極的に投入しましょう。

とはいえセラミドにもいくつかの種類があります。

おすすめなのはヒト型セラミドです。ヒト型セラミドは人間の肌に存在するセラミドと同等の構造をしているため、お肌になじみやすいことが特徴です。

とはいえ「ヒト型セラミド」にも種類が複数あり成分名を記憶するのは難しいところです。
そこで商品や外箱の裏面や公式オンラインなどに記載されている成分表を確認し、セラミドの後に数字か英字の記載があるものを選びましょう。
それがヒト型セラミドが配合された化粧品を見抜くポイントです。

セラミドが減少した年齢肌はバリア機能が弱まり、肌の水分が失われやすくなっています。
そこで肌の水分を守るためにセラミドを配合した化粧品でケアをしながら、油分=オイルを補充し皮脂膜のようにオイルでフタをすることも大切になります。


<天然ヒト型セラミドとボタニカル美容オイルを配合したクリーム>

アドバンストリッチクリームイメージ

ララヴィ アドバンストリッチクリームはセラミド配合のスキンケアアイテムをお探しの方におすすめです。
人間の角質層に存在するセラミドと同じ構造を持つと言われる、天然由来(醤油麹から抽出)のセラミドを配合し、お肌のバリア機能を整えます。



うるおいのある健やかな美肌を育むために

肌に触れる女性

うるおいのある健やかな美肌を育むためにはバリア機能を司るセラミドが非常に重要な役割を果たします。
セラミドは年齢とともにその産生量が減り20代の半分以下の量に減少してしまう40代以降は肌の乾燥に悩まされ、シワやたるみ、シミといった肌老化も加速しがちです。

そのためいつまでもうるおいのある健やかな美肌を育むためにセラミドを補うことが大切です。
セラミドが配合された化粧品を積極的に取り入れましょう。
また、年齢とともに肌の水分が失われやすいため、油分を補うケアも必要となります。
肌のうるおいや美肌に欠かせないセラミドケアにぜひ今日から取り組んでくださいね。

こちらの記事に関連する商品はこちら

  • アドバンストリッチ クリーム

こちらの記事も読まれています

  • BEAUTY TIPS
    2022/11/18 
    お肌がくすんで見える「黄ぐすみ」の原因とは?
    「なんだか顔がくすんで見える」黄ぐすみの予防とケア方法を詳しくご紹介します。
  • おしりの黒ずみの原因と自宅でできるケア方法をご紹介イメージ画像
    BEAUTY TIPS
    2022/11/06  2022/11/08
    お尻の黒ずみの原因と自宅でできるケア方法をご紹介
    お尻の黒ずみやざらつきが発生してしまう原因や自宅でできるお尻の黒ずみのケア方法をご紹介します。
  • BEAUTY TIPS
    2022/11/02 
    知っていますか? 話題のオイル美容のメリット
    オイルを使った美容法「オイル美容」と「オイルイン美容」の違いとメリットとは?