乾燥肌のための毛穴ケア講座

毛穴の目立たないお肌を目指すための、乾燥肌向け毛穴のケア方法をご紹介します。

乾燥肌の毛穴悩み、どうすればいい?

お肌の水分や皮脂が不足し、常にうるおい不足の乾燥肌。
そんな乾燥肌の方も毛穴が目立つことにコンプレックスを感じるという方が多く見受けられます。
毛穴悩みは皮脂分泌が多い脂性肌の方ばかりが持つものと思いがちですが、実は乾燥肌の方でも同様の悩みを持つ方がいます。
今回は乾燥肌の毛穴悩みの原因と、毛穴の目立たないお肌を目指すための、乾燥肌向け毛穴のスキンケア方法をまとめました。

乾燥肌の毛穴悩み <毛穴の黒ずみ>

まずは、乾燥肌の毛穴悩みについてご紹介します。

鼻の頭や小鼻などにできるポツポツとした黒ずみ。皮脂が多い場所に出来やすいと言われています。そんな黒ずみが、常に皮脂不足の乾燥肌の方にも、出来てしまうのはなぜでしょうか?

1つ目の原因は、乾燥によって引き起こされる、皮脂の過剰分泌です。
皮脂の過剰分泌は、脂性肌のみ起こる現象ではありません。
お肌が乾燥している時には、これ以上の乾燥を防ぐため、お肌が自らを守ろうとして皮脂を過剰に分泌します。
過剰に分泌された皮脂は毛穴に残った角質や汚れなどと混ざり合い、小さな塊である角栓となって毛穴に詰まります。
角栓は元々白っぽい色をしていますが、毛穴の中に長時間留まり酸化することによって黒ずみ毛穴へと変化していきます。

2つ目の原因はお肌の乾燥によって引き起こされる角質肥厚です。
お肌が乾燥することで、お肌の一番外側の角質層が厚く固く変化します。 角質が厚くなると、皮脂などを排出する役割を持つ毛穴が塞がれてしまい、その結果、毛穴に皮脂が留まったままになり、黒ずみの原因となります。

3つ目の原因は乾燥による、お肌のターンオーバーの乱れです。ターンオーバーが乱れていると、古い角質がスムーズに排出されずに角栓が出来やすくなり、それが黒ずみへと繋がってしまうのです。

黒ずみ毛穴をケアするには、日々のクレンジング&洗顔が大切です。
くわえて、乾燥肌の方は、念入りな保湿も必ずセットで行うことを心掛けましょう。

一気に黒ずみを取ろうと、毛穴を押し出したり、毛穴パックを多用したりするのは厳禁です。
デリケートなお肌を傷つけ、毛穴が広がる原因となるため、控えましょう。

黒ずみ毛穴ケアのためのクレンジング・洗顔

クレンジングや洗顔では黒ずみの原因となる、毎日の皮脂汚れやメイク汚れをしっかりと落とすことが大切です。
とはいえ、毛穴の汚れを無理に落とそうとゴシゴシと肌を擦ったり、1日に何度も洗顔したりするのはNGです。過度なクレンジング、洗顔はお肌に必要なうるおいまでも奪い、さらなる乾燥状態を引き起こしてしまうからです。このほか、洗浄力が高すぎるクレンジングや洗顔料を使うこと、洗顔時に熱いお湯を使用することも、お肌の乾燥を加速させる原因となるため注意が必要です。

洗い流した後に、つっぱりを感じるのであれば、お肌に必要な水分・油分まで奪いすぎている可能性があります。

・お湯の温度(32~35度以下のぬるま湯くらいが適しています)
・洗い方(ゴシゴシお肌を擦るように洗っていないか)

上記を見直してみましょう。
これらを見直しても、つっぱり感がある場合は、クレンジング料や洗顔料があなたのお肌に合っていない可能性があります。お肌に必要なうるおいを守りながらも毛穴汚れをきちんと落とせるクレンジング料や洗顔料に変えてみることをおすすめします。

毛穴の黒ずみが気になる方におすすめのスキンケアアイテムは皮脂・角栓となじみやすいオイルを配合した、オイルタイプやバームタイプのクレンジングです。油性のタイプのクレンジングは同じく油性である皮脂・角栓をスムーズに浮かしやすいからです。
お肌のうるおいを逃しやすい乾燥肌の方には、さらに美容エキスや美容オイルなど保湿成分が配合されているものを使用するのがおすすめです。


毛穴の黒ずみが気になる方におすすめのクレンジングバーム

4種のボタニカル美容オイルを配合した、ララヴィ クレンジングバーム。
バターのようにお肌の上でとろけるようなテクスチャーで、お肌のうるおいを守りながらしっとりと洗い上げます。
厚みのあるオイルでお肌の摩擦を抑えつつ、毛穴汚れまでしっかり落とします。

黒ずみ毛穴ケアのための保湿ケア

皮脂の過剰分泌を防ぐためには、徹底した保湿ケアが大切です。水分と油分のバランスが整ったお肌を目指しましょう。
乾燥肌の方は、うるおい不足により、お肌表面の角層が厚く硬くなっている場合が多いため、角層をふっくらやわらかく整えてくれるオイルを使用したスキンケアを取り入れることもおすすめです。


水分・油分・美容成分をチャージする化粧水

ギュっとつめこまれた濃密なオイルとエキスが乾燥の気になるお肌のすみずみ※に染み込み、うるおいが長時間続きます。(※角層まで)柔らかく、みずみずしい素肌に整えます。
化粧水、乳液、美容液がこれ1本でOK。サジーオイル※2やランブータンエキス配合で、ハリのある若々しい印象の素肌へ導きます。
ヒポファエラムノイデス果実油

乾燥肌で黒ずみ毛穴にお悩みの方におすすめのスキンケアアイテムについては、こちらのページでもご紹介しています。


乾燥肌の毛穴悩み<たるみ毛穴>

乾燥肌の毛穴悩みとして、毛穴が細長い楕円状に広がる、たるみ毛穴に悩んでいる方も多いのではないでしょうか?
頬にできやすく、ファンデーションや下地が毛穴落ちする原因となるたるみ毛穴は、毛穴部分を手の平で引き上げると一時的に毛穴が目立たなくなるのが特徴です。
たるみ毛穴の原因は、お肌のハリ不足です。
ハリ不足は紫外線や加齢により生じますが、それ以外にもお肌の保湿力が低下することもハリ不足を引き起こす原因となります。

乾燥によるたるみ毛穴のケア方法

ハリが気になる方におすすめのスキンケア方法としては、水分と油分を十分にお肌に補充できるような保湿ケアを行うことが大切です。
化粧水だけをたっぷりとお肌に与えるのではなく、油分を多く含む乳液やクリームを必ず使用しましょう。
合わせてふっくらとお肌を保湿するセラミドが配合されたスキンケアアイテムを使用するのもおすすめです。
セラミドは、私たちの皮膚の表面にある「角層」に元々ある成分です。
セラミドは細胞と細胞の間に存在する水分を多く抱え込み、逃さないように保持するうるおい成分でもあり、セラミドが十分に存在するお肌は、ふっくらとしたハリ感があり、肌のキメも整った状態です。
お肌のキメが整い、ふっくらとした状態になるとたるみ毛穴も目立ちにくくなります。
そんなセラミドの量はお肌の乾燥や加齢により減少してしまう傾向にあります。
そのためセラミドをスキンケアアイテムで補うことが乾燥ケアの重要なステップとなります。


ヒト型セラミド配合、弾むようなハリ肌に導くアドバンストリッチクリーム

お肌にうるおいを与えるリンゴ果実培養細胞エキスと天然ヒト型セラミドを配合した、エイジングケア※クリーム。
天然ヒト型セラミドは人間の角質層に存在するセラミドと同じ構造をしているのが特徴です。
うるおいに溢れたふっくら肌に導きます。
※年齢に応じたケア

化粧品を使用する際は、塗り方にも気を付けましょう。
化粧品を顔の上から下に下げるように塗ると、たるみを助長してしまう可能性があります。下から上になじませることを習慣にしましょう。

すべすべの素肌を手にいれるために

今回は、乾燥肌の方向けの毛穴ケア方法についてご紹介させていただきました。
乾燥肌で毛穴に黒ずみができるのは、乾燥による過剰な皮脂分泌とターンオーバーの乱れが原因です。
うるおいを残すクレンジング、洗顔と、水分と油分をきちんとお肌に補うことができるスキンケアアイテムの使用が大切です。
たるみ毛穴は、乾燥によるハリ不足が原因で起こります。徹底した保湿ケアを行い、「水分」と「油分」をしっかり補いましょう。
毛穴の悩みには1日1日の丁寧なお手入れの積み重ねが大切です。正しいスキンケアを実践しながら、毛穴の目立たないすべすべのお肌を手にいれましょう。

こちらの記事に関連する商品はこちら

  • クレンジングバーム
  • オイルイン ローション コンセントレイト
  • アドバンスト リッチ クリーム

こちらの記事も読まれています

  • デコルテ
    BEAUTY TIPS
    2022/05/02 
    デコルテを美しく魅せるおすすめのケア方法をご紹介
    Vネックなど首回りがすっきりしたトップスを着たときに、目立つデコルテ。
    今回はデコルテを美しく魅せるケア方法をご紹介します。
  • BEAUTY TIPS
    2022/03/31  2022/05/13
    気になる脇のブツブツの正体は?原因は何?美しい脇を手に入れるためのケア方法をご紹介。
    脇にブツブツができる原因と、美しくすべすべな脇へ導く方法について解説します。
  • BEAUTY TIPS
    2022/03/24  2022/05/20
    PM2.5はお肌にも悪影響?お肌への影響と対策方法を伝授
    PM2.5はどのようなものなのか、私たちのお肌にどのような影響があるのか、お肌への影響を防ぐためにどのような対策を取るべきなのかを詳しく解説します。