おうち美容を楽しむおすすめのライフスタイル。自宅でキレイを育む方法をご紹介

自宅でキレイを磨くことができるおうち美容について、スキンケアやボディケアをはじめ食生活や生活環境の整え方などについてもご紹介します。

おうち美容でキレイに磨きをかけませんか?

2020年から始まったコロナ禍で、自宅で過ごす時間が長くなりました。
リモートワークで出勤がないなど人と会う機会が減って、身だしなみに気を配らなくなったり美容への意識がなおざりになったりしていませんか?
外出して美容を磨いたり刺激を受けたりする機会は少なくなりましたが、おうち時間が長くなったからこそできるケアがあります。
それが「おうち美容」です。

おうち美容は、おこもり美容と表現されることもあります。
今回は自宅でキレイを磨くことができるおうち美容について、スキンケアやボディケアをはじめ食生活や生活環境の整え方などについてもご紹介します。
自宅でのおこもり期間は、おうち美容をライフスタイルに取り入れて楽しみながらキレイになりましょう。


まずは簡単なことから!いつものスキンケアやボディケアを見直して丁寧に

おうち美容は新しいことを取り入れるだけではありません。
最初からハードなことをはじめても継続させるのはなかなか難しいものです。
時間のたっぷりあるおうち美容では、まずはこれまでのスキンケアやボディケアの方法を見直してみませんか?
同じスキンケアやボディケアでも正しい方法で丁寧に行うことで、もっと健やかでみずみずしい肌へと導くことができます。


クレンジングは擦らずやさしくなでるように

おうち美容では、クレンジングで肌を擦らないように洗うスキンケア方法がおすすめです。

洗顔での摩擦は肌へ刺激を与え、シミができたりお肌の乾燥を引き起こしたりと肌荒れやエイジングの原因となってしまいます。
眠たい夜や忙しい朝の洗顔タイムでは時間がなくて、ついゴシゴシと顔を擦って洗顔していませんでしたか?
おうち美容では洗顔にも時間の余裕をもって丁寧に行いましょう。
お肌に洗顔料をなじませたら、やさしくなでるようにして汚れやメイクとなじませ、水やぬるま湯ですっきりと洗い流してください。
洗顔でお肌へのタッチを変えるだけでも、肌への刺激を和らげることができます。


化粧水や美容液は手のひらから肌へ移してなじませる

化粧水や美容液は肌に「つける」「塗る」ではなく「なじませる」のが、おうち美容おすすめのスキンケアです。

両手のひらに液をたっぷり広げて少し体温で温めてから、顔を覆うようにゆっくりと時間をかけて手から顔へと液を移してみてください。一度手のひらに広げて人肌に温めることで、液が肌になじみやすくなります。

また両手の10本の指をフルに活用することで小鼻の脇や目尻、口元などの細かい場所もケアが行き届きます。
両手でゆっくりとお肌に触れることで、今の自分の肌状態をチェックできる点もポイントです。 おうち美容ではスキンケアにたっぷりと時間が取れるので、お肌の状態を確かめながらケアを行うのがおすすめです。


おうち美容ではボディケアで体も心も軽やかに

時間がたっぷりとあるからこそおすすめしたいおうち美容が、ボディケアです。
在宅時間が長くなると、リモートワークで肩や腰が痛くなったり運動不足でむくんだり体にも様々な影響が出はじめます。
ボディケアは肌を整えるだけはなく、体のメンテナンスにも最適のケアです。

おうち美容では入浴後の柔らかくなった肌に、ボディミルクやクリームを使いながらマッサージするのがおすすめ。硬くなった体をいたわるように揉みほぐして、体を軽くしてあげましょう。


<保湿しながらマッサージもできる、滑らかボディミルク>

おうち美容でボディケアを取り入れると、肌を整えるだけでなく心と体もリラックスすることができます。
これまではボディケアをする時間が足りなかった方も、おうち美容をきっかけに入浴後のルーティン化をしてみてはいかがでしょうか?


この機会に取り入れてみたい、プラスワンの美容方法

「時間に余裕のある時だからもっといろんな美容にチャレンジしてみたい!」そんな方には新しい美容方法を取り入れてみる以外にも、食生活や生活環境などを改善してライフスタイルごとおうち美容を取り入れていくことがおすすめです。


美容家電を取り入れておうち美容を楽しく

おうち美容としてスチーマーや超音波、イオン導入パックなどの機能がある美顔器を毎日のスキンケアに取り入れてみませんか?

自宅でできる美容家電はまさに「おうち美容」の代名詞といえるグッズです。

美容家電は少々コストがかかりますが、継続して使えばコスト以上に美容の強い味方になってくれます。 コロナ禍でも頑張っている自分へのプレゼントとしても、美容家電は最適です。
新しい家電を毎日の美容に取り入れたら、ますますおうち美容が楽しくなりそうです。


おうち美容でできるハンドケア&ネイルケア

頻繁な手洗いや消毒などで荒れやすくなった手指を、おうち美容ではネイルサロンに代わって自分でケアしてみましょう。

ネイルサロンのパラフィンパックの代わりにおうち美容でできる手のパックは、グッズもあまり必要ありません。
ハンドクリームをたっぷりつけて手のツボを押しながらマッサージでケアした後、手袋をして手を温めるだけでしっとりと柔らかくなります。

時間のある今だからこそセルフネイルにチャレンジするのもいいですね。セルフでできるネイルケア方法についてはこちらの記事がおすすめです。


Twitterや雑誌のトレンドを調査してネイルアートにイラストなどを取り入れてみると、指先から気分があがるはず。


<爪周りのお手入れにおすすめのネイルバーム>


おうち美容では生活環境づくりもポイント

おうち美容で大切にしたいのが、室内の湿度です。色々なおうち美容のケア方法に、室内の湿度の管理も加えてみましょう。

特に冬場は暖房の影響で湿度が下がり、室内の空気はカラカラの状態になってしまいます。カラカラの室内ではどんなにスキンケアやボディケアなどのおうち美容を行っても、すぐに乾燥しやすい状態になってしまいます。

お肌の乾燥を防ぐためにも、おうち美容では室内を加湿して湿度を最適に保ちましょう。乾燥しがちな大人の女性のお肌には、湿度は少し高めの60~65%がおすすめです。

湿度管理のためのおうち美容グッズは、美容家電ではなく生活家電の加湿器。室内が適正な湿度に保たれているかを確認するために、湿度計があればさらにベストな環境が整います。


美容のためのレシピで体の内からキレイになる

おうち美容では食生活のケアとして、美容のためのレシピで食事を作ってみることもおすすめです。
おうち美容のメリットのひとつが、食事の内容や時間を自由にコントロールできることです。

人とお付き合いしたり、外での食事が多くなると食生活が乱れることがありますが、自宅で料理をすれば美容に配慮した食事を取ることができます。

おすすめは、抗酸化力のある食材を使ったレシピ。
緑黄色野菜やポリフェノールを含む大豆、カロテノイドのリコピンが含まれるトマトなどを使った「大豆入りミネストローネ」は抗酸化力に加えて、温かいスープが冷え性の改善や血行の促進もしてくれるので一石二鳥のレシピです。


おうち美容で自分磨きをもっと楽しもう

おうち美容とは長くなった在宅時間を利用してこれまでの美容方法を見直したり、自分でできるケア方法にチャレンジしたりする美容習慣です。
スキンケアやボディケアだけではなく食生活や生活環境づくりまで含むライフスタイルそのものが、おうち美容。
おうち美容でライフスタイルが変われば、表面的だけではなく心や体にも変化がおとずれます。
久しぶりに友人や知人に会ったときに、「なんだか変わったね」「キレイになったね」と言われるかもしれません。
体だけでなく心にもハリとうるおいを与えるおうち美容で、キレイになるための自分磨きを楽しみましょう。

こちらの記事に関連する商品はこちら

  • ヘア&ネイルバーム
  • ボディミルク

こちらの記事も読まれています

  • BEAUTY TIPS
    2021/04/01  2021/04/08
    お肌の透明感を取り戻すために
    くすみの原因となるNGな生活習慣をご紹介
    肌のくすみにつながるNG習慣を解説するとともに、すぐに見直せる生活習慣のポイントをご紹介します。
  • BEAUTY TIPS
    2021/03/30  2021/03/31
    乾燥で肌荒れ…乾燥肌の方が気をつけるスキンケアのポイントとは?
    乾燥による肌荒れを防ぐための対策を詳しくご紹介します。
  • BEAUTY TIPS
    2021/03/15  2021/03/30
    大人ニキビが治らないのはなぜ? 大人ニキビができる理由