脚ケア

気になる足の角質を、正しいケアでつるつるに

ふと気づくとカサついている足のかかと。今回はツルツルな足を目指す、足の角質ケア方法をご紹介します。

サンダルを履くなど足の露出が多くなる季節、かかとのかさつきやひび割れに悩んでいる方は多いのではないでしょうか?
足は、靴下や靴などで隠れているため、ついケアをサボりがちなパーツです。
そのため素足で外出する季節を迎えたときに、ガサガサのかかとを見て焦ってしまった、という経験を持つ方もいるでしょう。
かかとのかさつきやひび割れは即効治せるものではありません。
かさつき、ひび割れは、長い間、かかとに不要な角質が貯まり、厚く硬くなることで起こります。
だからこそ、毎日の足のケアで不要な角質を除去することが大切なのです。
それだけではなく、きちんと保湿を行うことで、角質でかたくなったかかとを柔らかくし、ターンオーバーを正常化して不要な角質を体外に排出する必要もあります。

今回は美しい足を目指すための、フットケア(角質ケア&保湿ケア)について解説をしていきます。


かかとのかさつきやひび割れの原因は?

多くの女性を悩ませる、かかとのかさつきやひび割れですが、これらはなぜ起こるのでしょうか?
その原因は主に下記の通りです。

角質が厚く硬くなること

足は私たちの全体重を支えています。
立ったり歩いたりする度に足裏やかかとが圧迫され、また靴との摩擦などから自らを守ろうとして、角質がどんどん厚く硬くなっていきます。
普段から足に合わない靴を履いていることも摩擦などで角質が厚く硬くなる原因のひとつになってしまいます。

足の角質が厚く硬くなってしまうと、タコや魚の目を引き起こしてしまうこともあります。
タコは痛みを伴わない傾向にありますが、魚の目は患部の中心に芯ができ、圧迫されると強い痛みを伴うことがあります。

また、出血してしまうこともあるため、皮膚科での治療が必要になる場合もあります。
そのためクッション性のある中敷を使用する、足にフィットした靴を履くなど、できるだけ足裏やかかとに刺激を与えないよう日頃から心がけ、角質が厚くならないよう注意しましょう。


足裏やかかとには皮脂腺がないため乾燥しやすいこと

足裏やかかとには皮脂腺がなくお肌を乾燥から守る油分が分泌されません。そのためお肌の水分が蒸散しやすく、乾燥しやすいという特徴があります。
足裏やかかとが乾燥しターンオーバーが乱れることによって角質が厚く硬くなってしまいます。


血流の流れが悪くターンオーバーが乱れることで角質が溜まること

身体の末端である足裏やかかとは血流の流れが滞りやすく冷えやすいことから、ターンオーバーが乱れがちです。
その結果、古い角質が溜まり、かかとがかさついたりひび割れたりしてしまいます。
このように足裏やかかとのかさつきやひび割れと、足の角質には密接な関わりがあります。
今回は、乾燥して厚く硬くなってしまった足の角質をケアする方法について、詳しくご紹介します。


やっていない?間違ったケア

軽石

皆様は、いつもどのような角質ケアを行っていますか?まずは日頃の角質ケアの見直しからスタートしましょう。
下記のようなケアを行っていませんか?チェックしてみましょう。


やすりや軽石などで角質を削る

硬くなってしまった角質をやすりや軽石などで削ってすべて除去していませんか?
頑固な厚い角質を無理やり削り除去しても、その強い摩擦からお肌を守ろうと、時間が経つにつれてさらに角質が厚く硬くなってしまいます。角質を取る際は、ボディスクラブなどを使用する取り方がおすすめです。


めくれている足の皮を剥がす

めくれてしまった皮がとても気になり、つい無理やり剥がしていませんか?かさつき、めくれている足の皮を剥がすと、痛いだけでなく、正常な皮まで剥がしてしまう恐れがあります。
このようなケアを行っている方は今すぐにやめ、これからご紹介する足の角質ケアを行ってみてください。


正しいフットケア方法を実践

誤ったケアを見直すとともに、以下のような角質ケアをコツコツと実践していくことが大切です。


スクラブでやさしく角質を除去

足裏やかかとに古い角質が溜まり厚く硬くなっている場合は、週に1~2回程度、スクラブで足をやさしく撫でて角質を除去しましょう。
サロンに行かなくても、スクラブを使用することで自宅で簡単に角質ケアを行うことができます。
スクラブを使う前に湯船にゆっくり浸かったり、足湯をしたりして足裏やかかとを温め柔らかい状態にしておくことも大切です。
そうすることで溜まってしまった足裏やかかとの角質を除去しやすくなります。
このように日々の積み重ねのケアで厚く固くなった足の不要な角質を少しずつ除去していくのが理想です。
厚くなった角質は菌が侵入して分解されてることで、嫌な臭いを発することもあるため、足の臭い対策という目的でもスクラブを使ってお手入れはおすすめです。

かかとのガサガサがひどい場合は、一度のスクラブケアでは、角質が取り切れないこともありますが、一度にすべてを取り除こうとせず、毎日のケアを積み重ねていきましょう。


毎日のケアでつるつる肌を目指すなら、こんなアイテムも

ララヴィ ボディウォッシュ マイルドスクラブインは毎日使える、お肌にやさしい天然植物由来スクラブ配合の泡立つボディウォッシュ。
マイルドな肌あたりのスクラブが古い角質やザラつきをとることで、つややかでなめらかな肌に磨き上げます。
足(かかと)ケアにもおすすめです。


しっかり保湿ケア

角質を除去した後はもちろんですが、足裏には皮脂腺がなく乾燥しやすいため、毎日しっかり保湿することも重要です。足がかゆいと感じる場合は、乾燥状態になっている可能性があります。美容オイルや尿素などが配合されたボディミルクやボディクリームを使うと、硬くなったかかとが柔らかくなるためおすすめです。

また素足でいると足裏やかかとに刺激を与えることにつながるので、自宅にいる際も靴下を履いて刺激を和らげるとともに、かかとのうるおいを逃さないようにすることをおすすめします。


乾燥しがちなかかとにうるおいを届ける、こんなアイテムも

ララヴィ ボディクリームは厳しい環境で育ち、強い生命力を持ったカメリーナの種子から抽出されるオイルに、保湿性の高いバターを組み合わせた、リッチなうるおい成分を配合。ごわつくかかとにすっと浸透して、柔らか肌に導きます。


足先までマッサージ

血流をよくすると、お肌のターンオーバーを整える効果が期待できます。そのため足先までマッサージをして、血流を促進しましょう。
ターンオーバーが整うことで、不要な角質が垢として体外に排出されることを促します。

足のむくみマッサージの方法は下記のコラムでも紹介しています。
ぜひ参考にして実践してみてください。

足をマッサージする際は皮膚を引っ張ったり、擦ったりといった刺激を加えないよう注意しましょう。
ボディケアアイテムを使い、指の滑りをよくして行ってみてください。


マッサージに適したこんなアイテムも

ララヴィ ボディミルクはこだわりの乳化処方で、肌なじみがよく、みずみずしいテクスチャーを実現。
適度な指すべりで心地よくマッサージができます。


正しい足のケアでサンダルが映えるかかとに

自分の目には留まりにくいものの、人からは目に留まりやすいパーツというものがあります。
そのひとつがかかと。ひび割れやかさつきがあると途端に残念な印象を与えてしまいます。
正しい角質ケアを実践し、サンダルが映える美しい足を目指しましょう。

こちらの記事に関連する商品はこちら

  • ボディウォッシュマイルドスクラブイン
  • ボディクリーム
  • ボディミルク

こちらの記事も読まれています

  • BEAUTY TIPS
    2022/08/12 
    肝斑にそばかす、シミの種類と原因を知ってきちんと予防
    肌悩みの一つ「シミ」。今回は“マスクシミ”などのシミの種類と、その予防法をご紹介します。
  • BEAUTY TIPS
    2022/07/28 
    肌トラブルを招くマスク蒸れ。夏から秋にかけて乗り切るための対策
    夏から秋にかけて、特に気になる「マスク蒸れ」。今回はマスク蒸れに関するお悩みや予防法をご紹介します。
  • BEAUTY TIPS
    2022/07/19 
    “内と外”の対策で、周囲にあふれるストレスからお肌を守る
    自分では気づいていないストレスが、お肌に症状として現れることも。
    今回は内側と外側からのストレス予防やケア方法についてご紹介します。