初心者でもカンタン!男性におすすめのスキンケア方法

男性におすすめのスキンケア方法をステップ順にご紹介します。

スキンケアの必要性を感じていても、「どんな化粧品を使ってスキンケアをしたらよいのか、やり方がわからない」「なんとなく化粧水を塗っている」という男性は多いのではないでしょうか?

男性と女性では肌質が異なりますが、女性と同じように保湿を意識したスキンケアをおこなうことが重要になります。

そこで今回は男性の肌の乾燥、肌荒れの原因と、メンズスキンケア初心者の大学生や20代から30代、40代や50代まで幅広い世代の男性のお肌に効果的な美容方法とおすすめのスキンケアアイテムをご紹介します。


乾燥や肌荒れしやすい男性のお肌

オイリーで保湿ケアが必要ないように感じる男性のお肌ですが、乾燥したり肌荒れしたりしていることが少なくありません。
その原因をまずは見てみましょう。


男性の肌の特徴

男性のお肌は女性に比べて約0.5ミリ厚いと言われています。お肌の水分量も男性の方が少ないため、女性のお肌に比べて、きめが粗い傾向にあります。
また、男性のお肌は女性に比べて皮脂の分泌量が多い傾向にあるため、皮脂分泌量に対して水分量が少なく、お肌の内側は水分が不足して乾燥した“インナードライ肌”になっている場合があります。


洗顔で皮脂を落とし過ぎる

男性に多く見られる洗顔方法も、肌荒れや乾燥肌の原因になっています。
過剰な皮脂分泌による顔のオイリーさテカリや毛穴の開き、ニキビなどが気になって過度な洗顔をしたり、ゴシゴシと強く擦って洗顔したりすると、お肌を傷つけ必要な皮脂まで落としてしまいお肌の乾燥や肌荒れの原因となってしまいます。


シェービングによるバリア機能の低下

シェービングをおこなうと、肌表面の角質も一緒に取り除いてしまう可能性があります。
角質は水分を逃さないよう、うるおいをキープするバリア機能のはたらきを持ち、お肌を乾燥から守っています。

そのためシェービングで肌表面の角質を取り除いてしまうとお肌のバリア機能が低下し、紫外線や摩擦などの外部刺激が加わることでさらに敏感になり、肌内部が炎症を起こして乾燥しやすくなります。

皮膚が厚くオイリーで丈夫そうに見える男性のお肌は、間違ったスキンケア方法などによって意外と乾燥や肌荒れが起こりやすい状態になっているかも知れません。


男性のお肌に効果的な5つのスキンケアのポイント

男性のお肌の乾燥を防ぐためには、どのようなケアを心がけたらよいのでしょうか?
ここからはスキンケアのポイントを5つご紹介します。

洗顔

お肌の刺激になるため、洗顔では手や洗顔ブラシなどでゴシゴシと擦らないことがポイントです。
洗顔は擦って物理的に汚れを落とすのではなく、「泡」で汚れを浮かせて落とすイメージでおこないましょう。

洗顔料は顔に直接塗布するのではなく水を加えて手のひらで泡立てた後、顔と手の間に泡をはさむようにやさしくなじませ、擦らず汚れを落としましょう。
泡立てるのが面倒な方は、泡で出てくるタイプの洗顔料を使うこともおすすめです。

洗う順番は皮脂分泌量が多いTゾーン(額と鼻)から、Uゾーン(フェイスライン)の順番になります。
このとき熱いお湯で洗うと汚れと一緒に必要な皮脂やうるおいまで洗い流してしまい、お肌の乾燥を招いてしまうため、ぬるま湯で洗い流すようにしましょう。

洗い残しがあるとニキビや毛穴詰まりなど肌荒れの原因になるので、充分に洗い流すことが大切です。


化粧水

化粧水は水分や保湿成分をお肌に与えてやわらかくし、うるおいを与えるアイテムです。洗顔後はすぐに化粧水を塗布しましょう。

化粧水をたっぷりと手のひらに広げ、両手で顔を包むようにハンドプレス(手のひら全体でやさしくお肌をおさえること)してなじませます。

普段からお手入れをしていないお肌は、角層が厚く硬くなっていることが多いため、丁寧にハンドプレスをしてうるおいを与えるのがポイントです。


美容液

毛穴の開きやニキビが気になる、お肌にハリツヤを与えたいなど素肌の印象を変えたい男性は、化粧水の後に美容液をプラスするのがおすすめです。
メラニンの生成を抑えてシミ・ソバカスを防ぐなど、ご自身の肌悩みにあった美容液を使用してみてください。


乳液、クリーム

皮脂分泌が多くオイリー肌だからと油分を含む乳液やクリームを使わないスキンケアはおすすめしません。
せっかく化粧水でケアしても、油分不足だと水分が蒸発してうるおいが失われてしまいます。
お肌が乾燥すると過剰に皮脂が分泌され、さらにオイリー肌へと進行してしまいます。

化粧水で補った水分を乳液やクリームの油分でフタをして水分が蒸発しないようにキープするのが、お肌を乾燥させないポイントです。


日焼け止め

紫外線がお肌に与える影響は日焼けだけでなく、乾燥や炎症、光老化などさまざまな影響があります。
そのため外出時には日焼け止めを塗るようにしましょう。

日焼け止めにはSPF、PAという数値があるので、シーンに合せて数値を選ぶのがポイントになります。

・買い物や散歩などの日常生活・・・SPF10~20/PA+
・屋外での軽いスポーツやレジャーなど・・・SPF20~30/PA++
・炎天下でのマリンスポーツやレジャーなど・・・SPF30以上/PA++以上


スキンケア初心者の男性におすすめのアイテム

毛穴ケアができる洗顔料

男性で気になる方が多い「毛穴の黒ずみ」「毛穴の角栓詰まり」のスキンケアには、洗顔料としてクレンジングバームもおすすめです。
メイク落としとして人気のアイテムですが、毛穴の詰まりの原因である皮脂汚れをケアすることができます。

半固形のクレンジングバームはお肌に塗布すると体温でとろけてオイル状になり、毛穴の黒ずみや詰まりが気になる部分になじませて洗い流すだけで、簡単に毛穴ケアができます。

ララヴィクレンジングバームは“汚れをしっかり浮かせるオイル”と“汚れをからめて取り除くオイル”を組み合わせた「クリアオフオイル」で毛穴汚れをすっきり落とし、4種のボタニカル美容オイル配合でお肌に必要なうるおいを守ります。

また厚みのある「クッションオイル」を採用しているので、バームを塗布した上からシェービングすることでお肌への負担を減らします。


スキンケア初心者におすすめ。オールインワン化粧水

スキンケアに慣れない男性は、何種類もアイテムを使うのが面倒に感じるかもしれません。スキンケアは継続することが重要なので、続けやすいアイテムを選ぶこともポイントです。

スキンケア初心者の男性にもおすすめなのが化粧水・美容液・乳液が1つになったオールインワンのアイテムです。洗顔の後は1アイテムだけでスキンケアができます。

ララヴィオイルインローションは、化粧水・美容液・乳液のが1アイテムになったローションです。油分と水分が同時に角層に浸透し、お肌のうるおいを補って乾燥を防ぎます。

ビタミンEを多く含む「ウチワサボテンオイル※1」配合で、キメが整った若々しい印象の素肌へと導きます。
※1オプンチアフィクスインジカ種子油(保湿成分)


オイリー肌向けのさっぱりした保湿クリーム

油分が多めの乳液やクリームが苦手な男性には、さっぱりとした使い心地のジェルクリームで保湿するスキンケアがおすすめです。

ララヴィブライトニングジェルクリームは、お肌になじませると水分と美容成分が溢れ出し、フレッシュなみずみずしさを感じられます。さっぱりとしたテクスチャーでオイリー肌の方にもおすすめです。

さらにマンダリンクリア※が肌表面のキメを整え、明るく透き通った印象に導きます。
※マンダリンオレンジ果皮エキス


油分と水分を意識したスキンケアを

男性のお肌は皮脂分泌が多いため化粧水で水分を与えればOKと思われがちですが、お肌のうるおいを逃さないよう乾燥を防ぎ、やわらかな素肌を保つには油分を与えるスキンケアも大切です。

化粧水だけでなく乳液、クリームもプラスした保湿ケアを習慣化し、うるおいあふれる健やかな素肌を目指しましょう。

今回ご紹介したスキンケアのポイントをおさえて、ぜひ今晩からお試しください。

こちらの記事に関連する商品はこちら

  • クレンジングバーム
  • オイルイン ローション
  • ブライトニング ジェル クリーム

こちらの記事も読まれています

  • BEAUTY TIPS
    2022/06/24 
    お疲れ顔の原因?まぶたのくすみをクリアにして澄んだ目元へ
    マスクをしていると目立つ“まぶたのくすみ”。今回はまぶたのくすみのケア方法や、メイクアップ方法をご紹介します。
  • BEAUTY TIPS
    2022/06/18  2022/06/24
    うねる、広がる、梅雨を憂鬱にする髪のお悩みにおすすめのケアをご紹介
    梅雨時期のお悩みの1つ“髪の広がりやうねり”。今回は梅雨におすすめの髪のお手入れ方法をご紹介します。
  • BEAUTY TIPS
    2022/06/02 
    何か方法はないの? 夏までになんとかしたい膝の黒ずみ
    ボディのなかでも黒ずみが目立ちやすい「膝」。その原因は日常生活にあふれています。
    今回は膝の黒ずみでお悩みの方に、おすすめのケア方法や予防法をご紹介します。