大人ニキビが治らないのはなぜ? 大人ニキビができる理由

乾燥しがちなのに、繰り返しフェイスラインや口元にできやすい大人ニキビ。
思春期ニキビとは違うケアが必要なことや、ホルモンバランスとの関係をご説明します。

大人ニキビと思春期ニキビの違い

大人ニキビは、思春期ニキビとはでき方や原因が違うということをご存じですか?

10代の頃に多くできるニキビは「思春期ニキビ」とも呼ばれ、皮脂量の急激な増加により、額から鼻にかけてのTゾーンに多く発症します。
思春期ニキビができる主な原因は、皮脂腺から過剰に分泌された皮脂が毛穴にたまり、古い角質や汚れと混ざりあって毛穴を詰まらせ、ニキビの原因となるアクネ菌が毛穴の中で増殖し、皮膚が赤く炎症を起こしてしまうためです。

一方、大人ニキビは「吹き出物」とも呼ばれ、乾燥しがちなUゾーン、フェイスラインや口元に多く発症するのが特徴です。
過剰な皮脂の分泌が原因の思春期ニキビとは違い、大人ニキビができる原因に上げられるのは角質肥厚、
ターンオーバーの乱れやホルモンバランスの乱れ、便秘や不規則な生活やストレスによるものであったりと、大人ニキビの原因は多岐に渡ります。
ニキビ用の薬で治りにくさを感じるのも、問題が皮脂の分泌量だけではないためです。


思春期ニキビと大人ニキビのでき方の違い


大人ニキビの原因となる角質肥厚

大人ニキビになってしまう一因は角質肥厚(※)にあると言われています。
どうして角質が厚くなってしまうと大人ニキビの発生につながってしまうのでしょうか?

まずは、お肌のターンオーバーについてご説明します。
お肌は一定の周期で新しく生まれ変わっています。
細胞は分裂しながらお肌の表面に押し上げられ、角質となり、いずれは自然と剥がれ落ちます。
このサイクルが乱れると、古い角質が剥がれずにお肌の表面に溜まり、角質が厚くなっていきます。

角質が厚くなると肌のキメが乱れてきて、メイクのりの低下や大人ニキビ、シミやくすみなど、女性にとっては悩ましい問題も出てきてしまいます。

そして角質が厚くなると問題なのが、皮脂などを分泌する役割の毛穴が塞がれてしまうことです。
詰まった毛穴に皮脂が留まり、ニキビの原因菌であるアクネ菌が繁殖しやすい環境となり、大人ニキビが発生する原因となります。

※角質肥厚=角質が厚くなること


大人ニキビの原因となる角質肥厚


ターンオーバーが正常に行われないと、角質がたまって大人ニキビの原因になるだけでなく、ニキビ跡などの色素沈着も長くお肌にとどまってしまうことになります。
ターンオーバーが正常に行われていると言うことは、ニキビの跡のような色素沈着してしまった角質の排出を促すことにもつながります。



ニキビ=皮脂を取り除くことは逆効果

大人ニキビに悩まされがちなフェイスラインや口元。
口元や顔の周りは、Tゾーンに比べて皮脂分泌があまり活発でないはず。
それなのに、大人ニキビの発症を繰り返してしまうのはなぜなのでしょうか?

ストレスや様々な外的刺激、ターンオーバーの乱れにより角質が肥厚したお肌は乾燥し、角質は水分を保てない状態に。
そこに、大人ニキビを皮脂分泌のせいだと勘違いして皮脂を取り過ぎてしまうと、更に乾燥は進んでお肌のバリア機能が低下します。
肌表面はカサカサになり、水分量が低下した角層が積み重なって毛穴を塞いでしまう、これが大人ニキビが発生する原因です。


バリア機能が正常なお肌と低下したお肌


ニキビケアは「皮脂を取り除くこと」に重きを置きがちですが、大人ニキビには逆効果。
ニキビに悩まされている大人女性には、皮脂を取り過ぎず、うるおいを残しながら古い角質をやさしく洗い流すことのできるクレンジングや洗顔料がおすすめです。

洗顔後には、化粧水や乳液などで水分と油分をバランスよく与える保湿ケアを行い、大人ニキビを繰り返さないお肌の環境作りをしましょう。




フェイスラインにできやすい 大人ニキビとホルモンバランス

大人ニキビはフェイスラインやあごに繰り返すと思いませんか?

生理前には必ずと言っていいほど口元に大人ニキビが発生する、というお悩みをお持ちの方も多くいらっしゃると思います。
排卵日まではお肌の調子が良い状態なのに、排卵後はおでこの皮脂の分泌量が増えたり、あごの周辺がブツブツしてきたり。

これは、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が減って、プロゲステロンの分泌が増えてきたためです。
プロゲステロンは黄体ホルモンとも呼ばれ、排卵後の時期には、分泌量が増えることで、ニキビや皮脂の分泌量の増加、肌荒れしやすいといったお肌の変化に影響を与えます。


女性ホルモンの分泌量のグラフ


口元やあごはホルモンバランスの影響を受けやすい部位と言われています。

そのため、ホルモンバランスが崩れると、口元に影響が現れます。
ひげが口元に生えるのも、男性ホルモンの影響が出やすい部位だから、だそう。

また、ストレスを受けたと感じた時に、反応が口元に現れやすいというのも、ストレスに対抗してくれる副腎皮質ホルモンが多く分泌されたため。
副腎皮質ホルモンが過度に分泌されたため、過剰な皮脂分泌が口元の大人ニキビへとつながってしまったと考えられています。




最後に

大人ニキビについて、思春期ニキビとの違い、繰り返し同じ場所にできてしまう理由や、大人ニキビ発生に関係する女性ホルモンのお話をご紹介しました。

大人ニキビを改善するためには、ご自身のサイクルと向き合い、思春期ニキビの頃とは違う「過剰に皮脂を取り過ぎない」スキンケアを心がけることが大切です。

古い角質をためこまず、大人ニキビの原因にもなる毛穴に残ってしまったメイクや汚れをやさしく洗い流すこと。
メイクオフ時の摩擦を軽減でき、うるおいを保てるオイルタイプやバームタイプのクレンジングもオススメです。ストレスを抱え込まず、体の内側にも少し意識を傾けて生活習慣の見直しをしたりするのもいいかもしれません。


こちらの記事に関連する商品はこちら

  • クレンジングバーム

こちらの記事も読まれています

  • BEAUTY TIPS
    2021/07/20  2021/08/02
    夏のお肌に美容オイルがおすすめの理由
    夏は美容オイルを敬遠しがちですが、夏の肌こそオイルを使ったスキンケアがおすすめです。3つの夏の肌トラブルや、美容オイルがおすすめの理由などご紹介します
  • 日焼け対策についてのコラム
    BEAUTY TIPS
    2021/06/01  2021/07/20
    日焼け対策は万全ですか?素肌を守るための効果的な予防方法
    日焼け止めアイテムの選び方や使い方のポイント、日焼け止めグッズ、アフターケアなど、日焼け対策の方法をご紹介します。
  • BEAUTY TIPS
    2021/05/21 
    【毛穴のお悩み別】オイルを効果的に使って陶器肌になるケア方法
    毛穴の黒ずみ・開き・たるみ、それぞれにおすすめの美容を使ったスキンケア方法をご紹介します。