オイルイメージ

オイル美容のヒミツ
年齢肌とオイルの関係

数年前から流行り始め、今やスキンケアの定番となった、オイル美容。
実はエイジングケアにも最適なスキンケア方法であることをご存知でしたか?

オイル美容って何?
エイジングケアにおすすめって本当?

数年前から流行り始め、今やスキンケアの定番となった、オイル美容。
美容雑誌に登場したり、芸能人の方が紹介したりと、名前は聞いたことがあるという方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
幅広い世代に人気のオイル美容ですが、実はエイジングケアにも効果的なスキンケア方法であることをご存知でしたか?
その理由はオイルの特性がエイジングケアにマッチするからなんです。
今回は年齢肌の特徴とともになぜエイジングケアにオイルが最適なのかを解説していきます。


おすすめな理由① 減少した皮脂を補う

オイルがエイジングケアにおすすめな理由の一つ目が、オイルが不足しがちな皮脂を補う効果が期待できることです。

上の図は、年齢とお肌の水分量・皮脂量の変化を示したグラフです。
年齢を重ねるにつれ水分量は徐々に低下していきます。一方、皮脂量は30代までは増加しますが、その後は急激に減少していきます。

うるおい=水分と考えられがちですが、皮脂も美肌にとってとても大切なもの。
皮脂は角質層内の水分が蒸発するのを防ぐ役割を果たしているため、不足するとお肌の乾燥を引き起こし、それがシワ、くすみなどのエイジングサインにつながります。

自らの力で生成できなくなった皮脂の変わりに、オイルを補充することでお肌を健やかな状態に近づけることができるのです。


おすすめな理由② 角質層をやわらかく整える

オイルがエイジングケアにおすすめな理由の二つ目は、オイルの特性によるものです。
オイルは、お肌を保湿するだけでなく角質層を柔らかく整える効果があると言われており、この効果が年齢肌のケアに適しているのです。

上の図は20代のお肌と60代のお肌のイメージ図です。

お肌の角質層の厚さや硬さは生涯一定ではなく、年齢に応じて変化します。
60代の角質層はターンオーバーのサイクルが遅くなることにより厚く硬くなってしまい、これが原因で肌のごわつきが起こり、化粧水などの美容成分の浸透を妨げます。

そこで厚く、硬くなった角質層をオイルで柔らかくほぐすことにより、美容成分が浸透しやすい状態をつくり、角質層の奥までうるおいを届けることができるのです。


まとめ
オイルを効果的に使用することで年齢に負けない美肌を作りましょう

今回はオイル美容と年齢肌の関係について解説をしました。
オイルがエイジングケアの効果が期待できる点についてお分かりいただけたでしょうか?

年齢肌の強い味方であるオイルをスキンケアに取り入れることで、年齢に負けない、若々しい印象の素肌を手にいれましょう。

こちらの記事も読まれています

  • BEAUTY TIPS
    2020/05/31
    化粧品の品質を確認する「官能評価試験」とは?
    化粧品の品質を確認する試験方法の1つ、官能評価試験についてご紹介します。
  • BEAUTY TIPS
    2020/05/26
    紫外線がお肌へ与える影響やダメージとは? 紫外線の基礎知識と合わせてご紹介!
    お肌はどんなダメージを受けるのでしょうか? 紫外線の基礎知識と紫外線がお肌に与える影響について。
  • BEAUTY TIPS
    2020/05/08
    自分のお肌をセルフチェックしてスキンケアを楽しみませんか?
    自分の肌タイプをセルフチェックする方法と、肌タイプ別のスキンケアポイントをご紹介します。