日焼けした後の対処法は?
正しいアフターケアについて解説

日焼け前のケアばかりに目がいきがちですが、実は日焼け後の対処も同じくらい大切です。
今回は日焼けをしてしまった後の対処法について解説します。

日焼け対策、しっかりしていたつもりでも「うっかり日焼け」
どうやって対処すればいい?

気温が40度前後まであがる地域もあるほど暑い日本の夏。

少し出かけただけなのに焼けてしまった、サンプロテクターを塗り直すのを忘れてお肌が真っ赤に…など、そんなうっかり日焼けを経験したことがある方も多いのではないでしょうか。
日焼け前のケアばかりに目がいきがちですが、実は日焼け後の対処も同じくらい大切なんです。
今回は日焼けをしてしまった後の対処法について解説します。
正しい対処法を知ることで、夏に負けない美肌を作りましょう。


紫外線によるお肌への影響

紫外線を浴びるとお肌が黒く変化するのはメラニン色素の影響です。

メラニン色素は通常はお肌のターンオーバーにより老廃物として剥がれ落ちます。しかしメラニン色素が過剰に生成されたり、ターンオーバーの乱れが重なると、メラニンが肌に残ります。それを対処をしないまま放置をするとシミの原因となります。

シミの原因となるメラニンですが、紫外線を浴びてすぐ生成されるのではなく、数日後に生成されると言われています。つまり日焼けをしてしまっても諦めずに適切な対処をすることでシミの発生を防ぐことができます。次の章では日焼け後の対処法についてSTEP順にご紹介いたします。


日焼けをしてしまった後の対処法

日焼けをしてしまった後の対処法についてご紹介をします。

STEP1 まずはクールダウン。日焼け部位をしっかり冷やすことが大切

日焼け後のアフターケアは時間との勝負。日焼けした当日に即対処することが大切です。
ヒリヒリとした痛みがある箇所、熱っぽく感じる部位に濡れタオルや保冷パックを置き、クールダウンを心がけてください。
身体中を日焼けしてしまった場合は冷たいシャワーを浴びるのもおすすめです。
※水疱などの炎症を起こしている、ヒリヒリ感や痛みが治まらない場合は病院を受診しましょう。

STEP2 丁寧なスキンケアでしっかり保湿

日焼けをすると角質層から水分が奪われるため、お肌が脱水状態になります。
たっぷりの化粧水やシートパックなどで水分をしっかり与えるように対処するのがおすすめです。
この時、せっかくチャージした水分が蒸発しないよう乳液やクリームなど油分が入ったスキンケアアイテムで仕上げをするのを忘れないようにしましょう。
顔の皮膚は薄くデリケートなため、日焼け後は乾燥だけでなく敏感な状態にもなっています。たっぷり泡立てて洗顔をする、頬を包み込むように化粧水をつけるなど、優しく丁寧なスキンケアを心がけてください。


ボタニカルオイル配合でお肌にうるおいを与える、ララヴィのスキンケアシリーズ

乾燥状態のお肌には、水分と油分のうるおいを与えて健やかな状態に保つララヴィのオイルイン ローションブライトニングジェルクリームがおすすめです。べたつかない使用感で、夏でもストレスなくお使いいただけます。
詳細は商品情報ページをご確認ください。


STEP3 内側から水分とビタミンを補給

内側からのスキンケアとしてたっぷりのミネラルウォーターを飲み、身体の中に水分をチャージするのも忘れずに行いましょう。
抗酸化作用のあるビタミンA・C・Eのサプリメントを摂取することも日焼け後の対処として有効です。

STEP4 ぐっすり眠ってターンオーバーを正常に整える

前述したように、シミの原因となるメラニンはターンオーバーにより体外に排出されます。
お肌のターンオーバーの正常化にはしっかりとした睡眠をとることが有効です。
STEP1~3の対処が終わった後は、最後の仕上げとしてたっぷりの睡眠をとりましょう。


意外と忘れがち?日焼け後のヘアケアとアイケア

意外に忘れがちなのが日焼け後のヘアケアやアイケアです。
アフターケアでは顔やボディに注意がいきがちで、ほかのパーツを忘れてしまうことがありますが、紫外線にあたった部位はすべてケアが必要です。
しっかりと日焼け後の対処を行っていきましょう。

日焼け後のヘアケアについて

紫外線は髪と頭皮にも悪影響を及ぼすため適切な対処が必要です。
日焼け後の髪は紫外線によりキューティクルが剥がれ、パサつきやすくなります。
疑似キューティクルを作ることができるトリートメントを塗るなど、しっかりとお手入れをしていきましょう。
日焼け直後の頭皮はほてりがある状態なので、お肌と同じように濡れタオルなどで冷やすのが効果的な対処法です。
頭皮用の美容液なども活用しましょう。

日焼け後のアイケアについて

紫外線は目へもダメージを与えます。
一日中外にいたら目が疲れた…といった経験をしたことがある人も多いのではないでしょうか。
そんなときにはまず目を閉じてゆっくり休ませてあげることが大切。
濡れタオルで目元を覆ってひんやりとした心地よさを感じながら休息の時間を設けましょう。
それでも疲れ目や充血が治まらない場合は目薬でケアを。紫外線ダメージ専用の目薬も販売されているのでそのような商品を使ってみるのもいいでしょう。
※日焼けから数日経っても痛みや充血が治まらない場合は病院を受診しましょう。

しっかりとアフターケアを行うことで紫外線によるダメージから自分を守っていきましょう。

今回の記事では日焼け後の対処法について解説しましたが、日焼け前の対策もとても大切です。
紫外線によるお肌への影響と日焼け対策について書かれた、こちらの記事も是非チェックしてみてください。


こちらの記事に関連する商品はこちら

  • オイルインローション
  • ブライトニングジェルクリーム

こちらの記事も読まれています

  • お肌の赤みコラムイメージ画像
    BEAUTY TIPS
    2021/08/31  2021/09/01
    赤ら顔がコンプレックス…お肌の赤みの原因とおすすめのお手入れ方法
    お肌に赤みを帯びてしまう原因と、そのケア方法についてお伝えします。
  • water
    BEAUTY TIPS
    2021/08/12  2021/09/08
    汗の臭いの元をケアし、快適に過ごそう
    ついつい気になる「汗の臭い」に悩むことなく、快適にお過ごしいただけるヒントをご紹介します。
  • 脚ケア
    BEAUTY TIPS
    2021/08/05  2021/09/07
    気になる足の角質を、正しいケアでつるつるに
    ふと気づくとカサついている足のかかと。今回はツルツルな足を目指す、足の角質ケア方法をご紹介します。