冬のお肌の乾燥を防ぐためには?
冬にお肌が乾燥してしまう原因とその対処方法を伝授

冬になるとお肌の乾燥など、お肌のトラブルに悩まされる方も多いのではないでしょうか?今回は冬の乾燥に立ち向かう対処法をご紹介します。

冬になるとお肌の乾燥が深刻化、その理由は?

秋から冬にかけての寒い時期、お肌の不調を感じる人は多いのではないでしょうか。
お肌が冬に乾燥してしまう理由は、空気の乾燥・湿度の低下・運動習慣の減少・冷えの影響などが挙げられます。
お肌の乾燥はエイジングサインにもつながり、女性にとってはまさに天敵です。
今回は、秋冬の乾燥を防ぐための対策と効果的なスキンケア方法をご紹介します。


日常で今すぐ取り入れたい4つの乾燥対策

冬の乾燥に負けず、うるおったお肌をキープするための対策方法を確認していきましょう。


1.加湿器を使用する

寒い冬には必要不可欠な暖房。暖房をつけるときは加湿器も併用し、部屋の湿度が40~60%の間になるよう心がけましょう。
部屋の乾燥はお肌の大敵です。
加湿器をつけず暖房を使うと、部屋の湿度がどんどん低下してしまい空気が乾燥しその結果、お肌の乾燥へ繋がります。
加湿器がないという場合には濡らしたバスタオルを部屋に干す、洗濯物を部屋干しする、などでも部屋の湿度を上げることができます。


2.身体を冷やさないように

身体が冷えやすい冬は、衣服と生活習慣に気を配り、身体全体を暖めるように努めましょう。
身体が冷えると全身の血行が悪くなりお肌が乾燥しやすくなってしまいます。
日中は防寒インナーや手袋、マフラー、温かい靴下など首元やお腹、足元を暖めて過ごすようにしてください。
また、睡眠前の冷えはお肌に加えて睡眠の質にも影響します。
しっかりと湯船につかり、身体全体を暖めてから寝るようにしましょう。


3.有酸素運動を取り入れましょう

有酸素運動は全身の血の巡りを良くして、お肌の代謝を高めると言われています。
冬場は部屋の温度や湿度が低くなり身体も固まってしまうため、どうしても運動する機会は減ってしまいますよね。
しかし最近では、自宅でも簡単にできる手軽な有酸素運動があるのを知っていますか?
二つ紹介しますので、是非実践してみてください。


<バードドッグ>

  1. 手をついて四つん這いになる
  2. 右手と左足を一直線になるようにあげる
  3. 右肘と左ひざをくっつけるようにお腹をまるめる
  4. 2.の姿勢に戻る
  5. 終わったら逆の手足で2~4を行います(10回3セットぐらいを目安にしましょう)

バードドッグは有酸素運動であると同時に、体幹の強化やヒップアップにも効果があると言われている運動です。
ダイエットにも用いられる運動なので、最初は大変かもしれませんが、徐々に慣れていきます。
じんわり汗をかくくらいまで頑張っていきましょう。


<ステッパー>

ステッパーとは、軽い負荷をかけて足踏み運動ができる器具を指します。
だいたい20分以上続けることで有酸素運動になると言われています。
ステッパーを使うメリットは「ながら運動」ができることです。
好きなドラマや映画を見ながら有酸素運動を頑張りたい人におすすめです。


4.適切な睡眠を取りましょう

適切な睡眠は疲れを取るだけではなく、お肌の健やかさにも関係が深いと言われています。
夜ふかしはできるだけ避け、しっかりと質のいい睡眠をとるようにしましょう。
睡眠中の乾燥にも注意してください。
暖房をつけっぱなしにすると部屋の空気が乾燥するので、必ず加湿を行うようにしましょう。


毎日のスキンケアで気をつけたい4つのこと

乾燥する季節において、日々のスキンケアではどのようなことに気をつければいいのでしょうか。
秋冬のスキンケアは「保湿」に重きを置くことが大切です。
効果的に保湿をするためには、現在使用している化粧品の見直しが必要かもしれません。
ここでは、見直すべきポイントと最も効果的な保湿のタイミングについて解説します。


1. クレンジング・洗顔料の見直し

洗顔後にお肌のつっぱり感を感じるのであれば、保湿成分が配合されているクレンジングや洗顔に変えてみましょう。洗い上がりのお肌のうるおいをキープしてくれます。
またクレンジングと洗顔、両方を毎日行うことで、摩擦によりお肌の乾燥を引き起こすことがありますので、ダブル洗顔不要のアイテムの使用もおすすめです。
顔を洗い流す際のお湯の温度にも気をつけましょう。冬場は寒いので熱めの温度で洗顔したくなりますが、ぬるま湯程度に留めることで、お肌に負担を与えることなくクレンジング&洗顔をすることができます。


洗顔後のしっとり感が人気のこんなアイテムも


2.オイルインローションやクリームで乾燥を防ぐ

秋冬の乾燥する季節は、保湿成分がたっぷりと含まれているオイルインのローションやクリームを選択しましょう。


お肌に必要な水分と油分の両方を補充できるこんなアイテムも



3.保湿アイテムを持ち歩く

外出先でも保湿アイテムを持ち歩くのがおすすめです。スティック状のバーム、オイルインローション、乳液などを持ち歩き、乾燥を感じたらすぐにケアができるようにしましょう。
唇も乾燥しやすい部位なので、リップスティックやリップオイルを持ち運び、乾燥を感じたらこまめに塗り直しましょう。


4.お風呂から出たらすぐにケアを

お風呂上がりはお肌の乾燥がどんどん進むため、時間を置かずにスキンケアを行うのがおすすめです。
時間がない場合でもお肌を放置せずに、美容オイルや乳液を塗布してお風呂上がりの乾燥を防ぎ、寝る前にはきちんとスキンケアをする、など工夫を行いましょう。


きちんと対策を行うことで冬に負けない健やかな素肌に

今回は乾燥する秋冬に絶対負けない乾燥対策&スキンケア方法について解説しました。
今回ご紹介した四つの方法で乾燥対策を行うことで、冬の寒さに負けないたおやかなお肌を手に入れましょう。

こちらの記事に関連する商品はこちら

  • クレンジングバーム
  • オイルイン ローション コンセントレイト
  • アドバンスト リッチ クリーム

こちらの記事も読まれています

  • BEAUTY TIPS
    2022/11/18 
    お肌がくすんで見える「黄ぐすみ」の原因とは?
    「なんだか顔がくすんで見える」黄ぐすみの予防とケア方法を詳しくご紹介します。
  • おしりの黒ずみの原因と自宅でできるケア方法をご紹介イメージ画像
    BEAUTY TIPS
    2022/11/06  2022/11/08
    お尻の黒ずみの原因と自宅でできるケア方法をご紹介
    お尻の黒ずみやざらつきが発生してしまう原因や自宅でできるお尻の黒ずみのケア方法をご紹介します。
  • BEAUTY TIPS
    2022/11/02 
    知っていますか? 話題のオイル美容のメリット
    オイルを使った美容法「オイル美容」と「オイルイン美容」の違いとメリットとは?