ダブル洗顔不要とは?
ダブル洗顔不要クレンジングの秘密について

ダブル洗顔不要クレンジングの特徴とお肌に負担をかけにくいクレンジング方法について解説します。

そもそもダブル洗顔とは? どうして必要なの?

ダブル洗顔(W洗顔)とは、クレンジングでメイクを落とした後、洗顔料(洗顔フォームや固形石鹸)などを使用し、もう一度顔を洗うことを指します。

疲れて帰ってきた夜にクレンジングと洗顔をこなすのは面倒くさいと感じた経験がある方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

本当に必要なの? 省きたい! と思われがちなダブル洗顔ですが「汚れをきちんと落とす」というスキンケアの最初のステップとして重要なことです。
なぜなら、クレンジングと洗顔料ではそれぞれ落とすことができる汚れの種類が違うからです。

クレンジングはファンデーションや口紅をはじめとするメイク用品に多く含まれる油性の汚れを落とすのに優れており、洗顔料はほこりや古い角質などの水性の汚れを落とすことを得意としています。

どちらの汚れもお肌に残ったままになっていると、毛穴を塞ぎ、ニキビをはじめとする肌トラブルの原因となります。

役割の違うクレンジング、洗顔料を使用し、汚れをしっかりオフすることで、肌トラブルを防ぐとともに次に使うスキンケアの土台作りをすることができます。


洗顔がいらない!? ダブル洗顔不要クレンジングとは?

お肌の汚れをしっかりと落とすために必要なダブル洗顔ですが、デメリットもあります。それは、摩擦によるお肌への負担が懸念されることです。肌に負担をかけることで、乾燥を引き起こしたり、色素沈着の原因になることも…。

きちんと汚れを洗い流したい、でもお肌に負担はかけたくない。そんな方におすすめなのが、ダブル洗顔不要のクレンジングです。

ダブル洗顔不要クレンジングは、通常のクレンジングでは落としづらい水性の汚れを落とす力を備えています。また、クレンジング剤が水やお湯でもしっかり洗い流せてお肌に残るのを防ぐため、ひとつで洗顔後のようなさっぱり感、すべすべ感を感じることができます。


肌ダメージを防ぐためのダブル洗顔不要クレンジングの使い方。
洗顔は絶対にしない方がいい?

せっかくダブル洗顔不要クレンジングを使用してお肌の摩擦を減らそうと思っても、洗い方が悪ければ、お肌を傷めてしまうことも。
クレンジングをする際は次のポイントを守って、きちんと汚れをオフ&肌に負担をかけないことの両立を目指していきましょう。


<クレンジング時のポイント>

1. 乾いた手、お肌で使用しましょう(濡れた手、お肌でも使用できるタイプのクレンジングであっても、乾いた状態の方がクレンジングとメイクが馴染みやすく、ゴシゴシ洗いを避けることができます)

2. パッケージに記載されている使用量を守りましょう。

3. 内側から外側に、円を描くようにクレンジングを馴染ませます。
この時に、がむしゃらに擦ることは避けましょう。指だけで洗おうとするとどうしても力が入りやすくなるため、手の力を抜き、肘から先全体を使い、親指以外の指の腹を動かしていきます。

4. クレンジングが残らないように、ぬるま湯で擦らずに優しくすすぎましょう。


<洗顔は絶対にしない方がいい?>

ダブル洗顔不要クレンジングを使用した場合は洗顔の必要はありませんが、洗い上がりのぬるぬる感がどうしても気になる、汗をたくさんかいたのでさっぱりしたいという場合は洗顔料を使用してもOK。
ただし、洗顔後の保湿はいつもよりも念入りに行うのがおすすめです。


【まとめ】落とすケアをしっかり行うことが美肌の近道

多くの美容家がクレンジング・洗顔などの “落とすケアこそ美肌の鍵を握る” と語っています。

化粧水や美容液などの与えるケアに比べ、落とすケアはついつい簡単に考えてしまいがちですが、毎日しっかりと行うことで差がでるステップでもあります。
自分にあったクレンジングアイテムを使用するとともに、正しい使用方法を身に着けることで、自分らしく美しい素肌を目指していきましょう。

こちらの記事に関連する商品はこちら

  • クレンジングバーム

こちらの記事も読まれています

  • BEAUTY TIPS
    2020/05/31
    化粧品の品質を確認する「官能評価試験」とは?
    化粧品の品質を確認する試験方法の1つ、官能評価試験についてご紹介します。
  • BEAUTY TIPS
    2020/05/26
    知っておきたい、紫外線の基礎知識 
    紫外線がお肌へ与える影響やダメージとは?
    お肌はどんなダメージを受けるのでしょうか? 紫外線の基礎知識と紫外線がお肌に与える影響について。
  • BEAUTY TIPS
    2020/05/08
    自分のお肌をセルフチェックしてスキンケアを楽しみませんか?
    自分の肌タイプをセルフチェックする方法と、肌タイプ別のスキンケアポイントをご紹介します。