使いやすさを追求 ララヴィこだわりのプロダクトデザイン

ララヴィには、実は見た目以上に知ってもらいたい、「実際に手に取って、使った人にしか分からない」こだわりポイントがあります。
今回は、そんなこだわりをご紹介いたします。

ララヴィは、「使いやすさ」にもこだわりました。

成分へのこだわりはもちろん、見た目も大切なスキンケア商品。
ララヴィを初めて見た女性の方からは、「かわいい」、「シンプルで素敵」と、お褒めの言葉をいただいたりします。

だけど、実は見た目以上に知ってもらいたい、「実際に手に取って、使った人にしか分からない」ララヴィのこだわりポイントがあります。今回は、そんなこだわりをご紹介いたします。



ララヴィ こだわりのスパチュラ

まずは、衛生面からもご使用してもらいたい、クレンジングバームとシフォンクリームに付属している、ララヴィカラーのスパチュラ。
よくあるプラスチック製などではなく、実はシリコン製です。

お料理の時など、シリコン製のヘラをご使用されたことはありませんか?
思い出してみてください。ソースやクリームなど、1滴も余すことなくボウルからすくえた時の気持ちよさ。

ララヴィのスパチュラは、もっと小さなサイズですが、容器の縁にぴったりフィットするように計算された形状、絶妙な硬さと厚みで、最後まできれいにクレンジングバームやシフォンクリームをすくうことができるようになっています。



そして、写真などですでにご覧になられた方も多いかもしれませんが、ララヴィのスパチュラはマグネット入り。
容器のキャップにぴったりとくっつくので、ご使用後のスパチュラの置き場に困りません。
口コミサイトでも、その機能性に「今までなかった」「とても便利!」と、評判をいただいています。

※トライアルセットのスパチュラとフタは、プラスチック製のためくっつきませんので予めご了承ください。



高級感のある金冠キャップ

マグネット入りのスパチュラを乗せるために、キャップは削り出し加工が施されたアルミ製の金冠キャップを採用。
重みもあり、高級感があるとご好評をいただいています。
ララヴィのカラーにマッチしたこだわりの色合いと、細かなヘアライン加工でシャープな見た目に仕上げました。



液だれを防ぐラッパ型のそそぎ口

とろみのあるローションでもストレスなく、最後まで見た目もきれいにお使いいただけるために、オイルインローションのそそぎ口は、先が広がったラッパ型をしています。
容器をそっと傾けるだけで、欲しい量を1滴ずつ手のひらに出すことができ、ボトルを縦に戻した時には液だれしにくく、注ぎ口の周りがベタベタになってしまう心配がありません。
また、1滴ずつローションを出すことができるので、想定外の量が出過ぎたり、ボトルを上下に振ったりする必要もない優れモノです。



香りの変化を防ぐ遮光性の容器

ララヴィを見た時、一番印象深いのが濃いブラウンの容器ではないでしょうか?
この色は、コスメの容器ではあまり見かることはないかも知れませんが、アロマオイルの容器などでよく使用されている色で、遮光性が求められる製品に使用されます。

ララヴィの大きな特長の1つである、天然植物由来の精油の香り。
光を浴びることによって起きる成分の劣化や、香りが変化することを容器のカラーが防いでくれているのです。
ララヴィの癒しのアロマを、最後の一滴まで楽しんでいただけるようにと選ばれた容器の色は、本品やトライアルセットはもちろん、1DAYサンプルの容器にも採用されています。



さいごに

いかがでしたか?
クレンジングバームやシフォンクリームに付属している「くっつくスパチュラ」がクローズアップされがちですが、他にもたくさんのこだわりを詰め込んで生まれたララヴィ。
ぜひ、実際に手に取って確かめてみてほしい、私たち、自慢の商品です。

こちらの記事に関連する商品はこちら

  • クレンジングバーム
  • オイルイン ローション
  • シフォンクリーム

こちらの記事も読まれています

  • BEAUTY TIPS
    2021/03/01
    その肌荒れは花粉のせいかも?
    花粉による肌荒れを乗り切る方法をご紹介
    花粉により肌荒れが起きてしまう理由と対策方法をご紹介します。
  • きめのある肌
    BEAUTY TIPS
    2021/02/24
    お肌のキメが美肌の基本?
    美肌の基本となる「お肌のキメ」。今回はお肌のキメを整える方法をご紹介します。
  • BEAUTY TIPS
    2021/02/10
    唇のくすみを改善したい!
    口元がくすんでしまう原因と対策をご紹介
    唇のくすみは、顔全体をくすんで見せ、老けて見える要因となってしまいます。唇のくすみを招くNG習慣とおすすめのケア方法をご紹介します。