日焼け対策についてのコラム

日焼け対策は万全ですか?素肌を守るための効果的な予防方法

日焼け止めアイテムの選び方や使い方のポイント、日焼け止めグッズ、アフターケアなど、日焼け対策の方法をご紹介します。

紫外線はお肌の大敵、外出時の対策はマスト!

紫外線がお肌のエイジングを進行させる原因であることは皆様ご存じかと思います。
実際にシミやたるみ、乾燥やシワなどのエイジングのほとんどが、日焼けによる紫外線の影響を大きく受けています。

紫外線は日差しの強い夏だけではなく、1年中降り注いでいます。曇りの日にも、室内にさえも降り注ぎます。
ところが紫外線は目には見えないものです。熱さや眩しさもなく紫外線を浴びている感覚がないため、夏以外はつい対策を忘れがち。

紫外線対策をせずに少しずつ浴び続けた紫外線によるダメージは蓄積されて、やがてエイジングのサインとなって現れます。
だからこそシミやシワなどが肌に現れてからではなく、予防として年間を通して日焼け対策を行うことが大切です。

今回の記事では日焼け止めアイテムの選び方や使い方のポイント、日焼け止めグッズ、アフターケアなど、日焼け対策の方法をご紹介します。


日焼け止めアイテムの選び方

紫外線対策に欠かせないアイテムが、日焼け止めクリームなどの化粧品です。
最近はさまざまな商品が販売されていて、どれを使ったらよいのが迷ってしまいますね。

まずは紫外線について理解し、日焼け止めを使用するシーンや自分の肌タイプに合ったアイテムを選んで対策をしましょう。


紫外線の種類と特徴

紫外線は太陽光線の一部で、波長が短い不可視光線です。波長によって3種類に分類され、そのうち地上に到達するものがUV-AとUV-Bです。

<UVA>

紫外線の中でも波長が長く、表皮の奥にある真皮にまで到達しメラノサイトの活動を活発にさせます。皮膚の色が浅黒く変化する「サンタン」という色素沈着を引き起こし、たるみやシワの原因に。
雲や窓ガラスも通過して肌に影響を与えるため、曇りの日や室内でも対策が必要です。

<UVB>

表皮にまで届き、短時間のうちに「サンバーン」という炎症を起こして、皮膚を赤くヒリヒリとした状態にします。皮膚細胞の遺伝子を傷つけ、シミやそばかすなどの原因に。
雲やガラスで遮られ、真皮に到達することはありません。
日焼け止めアイテムを選ぶ2つのポイント
日焼け止めを選ぶ目安となるのが、SPF、PAという表示と紫外線防止成分です。 ここではSPF、PAと紫外線防止成分、2つのポイント別の選び方をご紹介します。


紫外線防止効果はシーンで選ぶ

日焼け止めアイテムを紫外線防止効果で選ぶ場合は、使用するシーンを考慮して選ぶのがおすすめです。

・日常生活での対策や散歩、ジョギング、車の運転、自転車移動など・・・SPF10~20/PA+
・アウトドアでの仕事や農作業、スポーツ、キャンプなど・・・SPF20~30/PA++
・夏の炎天下でのプール、サーフィン、ゴルフ、登山、スキーなど・・・SPF30~50/PA+++以上


紫外線防止成分

日焼け止めアイテムを選ぶ際に、成分で選択する方法もあります。
紫外線防止成分は、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の2つに大別されていて特徴が異なります。

<紫外線吸収剤>

紫外線を吸収し熱エネルギーなどに変化させて肌表面から放出させる方法で、肌内部への紫外線の影響を防止する成分です。
白浮きしにくい、塗り心地が良いなどのメリットがありますが、紫外線のエネルギーを吸収するため、敏感なお肌の方では、まれに刺激を感じる方もいます。

<紫外線散乱剤>

紫外線を乱反射させる方法で、紫外線が肌内部へ侵入するのを防ぐ働きをする成分です。
お肌の上で紫外線を乱反射させる成分のため、刺激が少ないのが特徴です。


紫外線防止成分は肌質で選ぶ

肌への刺激が気になる方は紫外線散乱剤を配合した「ノンケミカル」といわれる日焼け止めを用いる、白浮きや汗崩れが気になる方は紫外線吸収剤を配合したタイプを使用するなど、肌質や使用感など目的に応じて日焼け止め製品を選択することが大切です。


日焼け止めを塗る際のポイント

日焼け止めの塗り方イメージ

最適な日焼け止めを選んでいても、適切に塗られていなければ日焼け対策は万全とは言えません。
しっかりと日焼け止めで紫外線対策をできるように、肌に効果的に塗る方法をご紹介します。


日焼け止めは規定量を塗る

日焼け止めは商品の使用方法に記載されている使用量を守って塗りましょう。SPFやPAの数値も規定量をベースに算出されています。量が少ないと紫外線防止の効果は下がり、日焼け止めの対策が充分にできません。


日焼け止めは顔全体にムラなく、耳にも

顔は両頬・おでこ・鼻・あごの5箇所に日焼け止めをおいて、全体に塗り拡げます。髪の生え際や小鼻の脇などの細かい部分は塗り残しがちなのでしっかり対策しましょう。耳は髪で完全にカバーはできないので、耳にも塗っておくのがおすすめです。


手の甲、首の後ろは日焼けしやすい部分

腕や脚など範囲の広い部分は、日焼け止め容器から直接お肌へ塗布します。線状にたっぷりと出して塗り拡げましょう。
塗り残しが多いのは足や手の甲、ひざや首の裏などです。外出前にチェックしましょう。


日焼け止めはこまめに塗り直す

紫外線対策のためには、日焼け止めをこまめに塗り直す必要があります。
肌に塗った日焼け止めは時間とともに汗で流れたり、衣服などに触れて落ちたりしてしまうからです。
日焼け止めを塗った部分は触れたりタオルで拭いたりをできるだけしないよう気をつけましょう。汗をかいた場合やタオルで拭いた場合はその部分に日焼け止めを塗り直しましょう。
塗り直しの際はスポンジなどで汗や皮脂、メイクをオフしてから塗り直すと厚塗りになりません。


おすすめのUV対策グッズ

日焼け止めグッズ

日焼け止めを塗るだけでは、肌の紫外線対策は万全ではありません。
いろいろなグッズを活用して、女性ならではのおしゃれをしながら対策を楽しみましょう。


服装は襟のあるものを着る

首の後ろは、日焼け止めが塗りにくい日焼けをしやすい部分です。 髪の短い人や髪を結んでいる時には、襟のある服装やスカーフを巻くなどして首すじの日焼け対策をしましょう。


ストッキングはUVカット効果のあるものを履く

スカートからむき出しになる足は、素足ではなくストッキングを履いて日焼け対策をしましょう。
最近ではUVカット効果のあるものや、夏向けの涼しい仕様のストッキングも多く販売されています。


UVカット機能付の薄手のカーディガンを羽織る、アームカバーなどをつける

腕の日焼け対策グッズはアームカバーのほかに、おしゃれに紫外線対策ができるUVカット機能付きの薄手のカーディガンも活用しましょう。
車の運転中は手の甲や腕が日焼けしやすいので、運転中のアームカバーはマストアイテムです。


サングラスをかける

目から入る紫外線対策のために、サングラスも欠かせない対策グッズです。
紫外線が目から入ると、脳が司令を出してメラニンが活発に作り出されシミの原因となってしまいます。
サングラスを選ぶ際は、UVカット効果がある「紫外線透過率」の数値が低いものを選ぶことがポイントです。
夏の登山や海水浴、ゴルフなどで強い日差しを受ける場面では、目の周囲までガードする専用のものを。スキーなどのウィンタースポーツでも、雪焼け防止には必須です。


帽子を被る

帽子は顔や首の日焼け対策だけでなく、髪や頭皮の日焼けを防止する対策グッズです。
帽子を選ぶ際のポイントは、つばができるだけ広いものを選ぶこと。キャップのようにつばが前にしかないものは、日焼けしやすい首の後ろの日焼け対策が不十分になってしまいます。日焼け対策とおしゃれを兼ねて、夏には帽子がおすすめです。


日傘を使用する

おしゃれを楽しめる日焼け対策グッズのNo.1が日傘です。 紫外線対策のためには日傘のUVカットの機能も重視しましょう。
紫外線を通しにくいのは、薄い色より濃い色の傘です。
表面はUVカット加工が施されているものを選んでください。
地面の照り返し対策に、内側にも濃い色やUVカットの加工があればさらに最適です。


シミやシワを作らないためのアフターケア方法

エイジングを意識したスキンケア

どんなに対策をしていても、完全に紫外線を防止できるものではありません。
もし日焼けをしてしまったら、アフターケアをしっかり行うことが大切です。


1.クールダウン

日焼けして火照った肌は、まずはクールダウン。保冷剤などを使って、その日のうちに炎症を起こしている肌を鎮静化させることが重要です。


2.スキンケアで保湿

日焼けした肌は、バリア機能が乱れてお肌が乾燥しやすい状態になっています。
スキンケアでは、化粧水でたっぷりと水分を肌に補給し潤すことがポイントです。
せっかく潤した水分が蒸発してしまわないように、適度な油分で肌を覆って硬くなった肌表面を柔らかく保護しましょう。

一本で水分と油分をお肌にチャージできるこんなアイテムも

ララヴィ オイルインローションはリッチなオイル成分がごわついた肌を柔らかく整え、みずみずしいエキス成分が角質層にうるおいを与え、キメを整えます。



紫外線をいつも意識して透明感のある肌へ

日焼けによる紫外線の影響は、シミだけでなくシワやたるみなどのエイジングサインのほとんどに関係しています。
年間を通して降り注いでいる紫外線から肌を守るためには、いつも日焼け対策しておくことが大切です。

これまでの日焼け対策の方法では、しっかりと紫外線防止ができていましたか?

・日焼け止めアイテムの選び方
・化粧品以外でも日焼け対策グッズ
・アフターケア方法

ここでご紹介したものを、これからの日焼け対策にぜひ取り入れてみてください。
適切な紫外線対策で、明るく透明感のある肌を目指しましょう。


3アイテムで叶う、
シンプルステップスキンケア
ボタニカル美容オイルと高機能美容成分の融合で
うるおいで満ちた たおやかな素肌へ導きます

こちらの記事に関連する商品はこちら

  • オイルイン ローション

こちらの記事も読まれています

  • 秋のスキンケアイメージ画像
    BEAUTY TIPS
    2021/10/12 
    秋のスキンケアのポイント。秋の肌トラブルの原因とおすすめのお手入れ方法をご紹介
    秋の肌トラブルの原因と、それに対応したスキンケア方法についてご紹介します。
  • 疲れ目
    BEAUTY TIPS
    2021/10/04 
    お疲れ顔に見えるのは目の下のクマが原因?種類別の予防法をご紹介
    なかなか消えない目のクマ。クマの種類別にそれぞれの予防方法をご紹介します。
  • ハンドケア イメージ画像
    BEAUTY TIPS
    2021/09/30 
    手の乾燥・手荒れが気になる。これからの季節に知っておきたいハンドケアのポイント
    手が乾燥しやすい理由と、秋冬を迎える前に知っておきたい、乾燥を防ぐハンドケア方法をご紹介します。