意外と知らない背中ケア方法をご紹介。毎日のお手入れで自信のある美背中に

自分では見えないし、手も届きづらい。だけど意外に見られているのが背中。
トレンドの背中が開いたファッションを楽しみたいけど、見せる自信がない方も多いのではないでしょうか?
すべすべで美しい背中は毎日のケアを積み重ねることが大切です。
今回は、トラブルが起こる原因と正しいケア方法をご紹介します。

美背中を目指すために、背中ケアを始めませんか?

背中のケアは行っていますか?

自分では見えない箇所だからと、ついついケアをサボってしまいがちな背中ですが、注目してみると背中のざらつき、ぶつぶつとしたニキビ、黒ずみなど気になるところが見つかる方も多いのではないでしょうか?

薄着になる夏はもちろん、冬でも背中があいたニットなどお肌が見えるものも流行っているため、キレイな背中で過ごしたいですよね。
スキンケア、ヘアケア、ボディケアと同じように、背中ケアも行うことがおすすめです。
今回は、背中のケア方法を丁寧に紹介していきます。



実は肌トラブルが生じやすい部位
背中にしっかりケアが必要な理由

実は背中は肌トラブルが生じやすい部位のひとつです。
背中にざらざら感、ニキビ、黒ずみなどがあった経験のある人も多いのではないでしょうか。
背中に肌トラブルが生じやすい理由は大きく4つあります。

1. 皮脂分泌量の多さ

1つ目は、背中の皮脂分泌量の多さです。背中にもTゾーンが存在しており、左右の肩甲骨を結んだ横ラインと背中中央の縦ラインは特に皮脂の分泌量が多いと言われています。
過剰に分泌された皮脂は古い角質と混じり合って角栓となり、毛穴に詰まります。 そうして背中のざらつきの原因となり、黒ずみ、ニキビへと繋がります。


2. 乾燥

2つ目は、お肌の乾燥です。
乾燥したお肌は、皮脂を過剰分泌することにより、外部刺激から自身を守ると言われています。つまり乾燥が余分な皮脂分泌を引き起こすことも背中の肌トラブルの原因として挙げられるのです。


3. 摩擦

3つ目は、下着や衣服による摩擦を受けやすいことです。
摩擦を受けることでお肌は刺激を受けバリア機能の低下を招くため、肌トラブルを引き起こす原因となります。


4. 洗い残し

4つ目は、シャンプーなどのヘアケア剤の洗い残しが起きやすいことです。
洗い残したヘアケア剤などが背中に残ったままになっていると炎症の原因となります。



やさしく洗浄&丁寧な保湿が大切

背中ケアもフェイスケアと同様に、汚れを優しく丁寧に落とすこと&しっかり保湿を行い、乾燥を防ぐことが大切です。
自宅でできる、背中ケアをご紹介します。


1. 優しく皮脂汚れを落とす

お風呂場でその日の汚れをしっかりと洗い流しましょう。
シャンプーなどのヘアケア剤もきちんと落とせるよう、ヘアケアを行なった後に体を洗うのがおすすめです。

いきなりボディソープをつけるのではなく、ぬるま湯で体の表面の皮脂やほこりなどを洗い流してからボディソープや石鹸をたっぷり泡立てて、撫でるように丁寧に洗います。

背中のベタつきが気になるからといって、ブラシやナイロンタオルでゴシゴシ洗うのはNGです。
ゴシゴシ洗いは摩擦で肌を傷つけるとともに、必要な油分までも洗い流してしまい、お肌の乾燥を引き起こしてしまいます。
力を入れずにやさしく、を心がけていきましょう。

背中の隅々まで手が届きにくい場合は、長めのボディウォッシャーなどを活用すれば、洗い残しを防ぐことができます。


スクラブを使用したケアも取り入れましょう

背中のざらつき、くすみが気になる場合は、ボディスクラブを使用した背中ケアもおすすめです。

スクラブとは、細かい粒子が配合された洗浄料で、ボディソープや石鹸では落としづらい、溜まった古い角質などをケアすることができるアイテムです。
スクラブがくすみやざらつきの元となる汚れや古い角質を取り除きます。

もちろんスクラブ剤も力を入れて擦り付けるのはNGです。力を入れず、手を滑らすようにお肌になじませるのがポイントです。


すべすべお肌へ導く
ララヴィ ボディウォッシュ マイルドスクラブイン

ララヴィ ボディウォッシュ マイルドスクラブインは毎日使える、お肌にやさしい天然植物由来スクラブ配合の泡立つボディウォッシュです。

きめ細かい泡立ちのボディウォッシュに植物由来スクラブが配合されており、ボディの洗浄と角質ケアがこれ一つで叶います。肌当たりのやさしいスクラブを使用しているので、毎日使用することもできます。
泡立てて使うことで、お肌をゴシゴシ擦ってしまう心配もなく、摩擦を防ぐことができます。

今ならボディウォッシャーが付いてくるので、届いたその日から背中のスクラブケアが始められます。
毎日の角質ケアで、ずっと触っていたくなるすべすべの背中を手に入れましょう。



2. ボディローションやクリーム、オイルで保湿ケア

綺麗な背中を手に入れるためには、落とすだけでなく、うるおす&守るケアも大切です。

汚れをやさしく洗い流した後は、ボディローションやクリーム、オイルを使用して保湿を行いましょう。
背中になかなか手が届かない時は、手の甲側にクリームをつけると、塗りやすさがアップします。

また、インターネットやバラエティショップには、背中に薬や軟膏を塗ることをサポートできる便利グッズが販売されているので、活用するのもおすすめです。


なめらかなテクスチャーで背中にうるおいを与える
ボディクリーム

背中の保湿ケアにおすすめなのが、ボタニカル美容オイルを配合したララヴィ ボディクリーム
トマトやサクラ、茶葉から抽出したエキスが、乾燥によるくすみにうるおいを与えて、明るく澄んだ、若々しい印象へ導きます。伸びが良いので見えにくい背中にも塗りやすいのがポイントです。



すべすべ肌を手に入れるための生活習慣

毎日の背中ケアに加えて、以下のことにも気をつけましょう。

1. 汗をかいたまま放置しない

汗をかきやすい背中ですが、汗をかいたまま放置するのはお肌にとって良くありません。
汗拭きシートや濡れタオルで汗をこまめに拭き取るようにしましょう。背中の肌トラブルを防ぐとともに、臭いケアにも繋がります。
寝ている間に汗をかいた場合は、起床後、シャワーで洗い流すのがおすすめです。


2. 通気性、速乾性の良いインナーを身につける

服の中が湿気でジメジメしていると、背中ニキビ等のトラブルに繋がります。
背中のトラブルが気になる場合は、下着の上にそのまま洋服を着るのは避け、汗をよく吸い取る速乾性インナーを身に着けましょう。


3. 脂質や糖質の多い食事に気をつける

炭水化物、甘いもの、脂っこいものを食べすぎると、皮脂の過剰分泌へと繋がります。
栄養バランスを意識したバランスの良い食事を心がけましょう。


4. 質のいい十分な睡眠を取る

美しい背中を手に入れるためには、睡眠も重要です。
睡眠中に分泌される成長ホルモンはターンオーバーを促し、美しいお肌を保つことができます。

また、質のいい睡眠を促すメラトニンは、強い抗酸化作用を持つとともに成長ホルモンの分泌を促します。
質のいい睡眠を手に入れるためには、起床後すぐに朝日を浴びる、日中に軽い運動をする、寝る前にスマートフォンやタブレットなどのブルーライトを見ない、などが効果的です。

また、汚れたシーツや布団は背中荒れの原因に繋がります。
寝具やパジャマにも気を配り、快適な睡眠を得られるような環境を準備しましょう。


自信を持てるボディを手に入れるためには、毎日の積み重ねが大切

今回は怠りがちな背中のケア方法について、ご紹介いたしました。

背中は、ケアせず放っておくとざらざら感やニキビ、黒ずみなどの肌トラブルに繋がりやすいパーツです。
そのため、やさしく洗う&乾燥を防ぐための丁寧な保湿ケアを毎日心掛けることが大切です。

背中を洗浄する際には、ボディウォッシュだけでなくスクラブを使った角質ケアを取り入れることもおすすめです。
洗ったまま放置をしていると乾燥に繋がるので、ボディケアアイテムを使用した保湿も必ず行いましょう。

外側のケアだけでなく、生活習慣の改善など内側からのケアも大切です。
今回の記事をもとに正しいケアを心掛け、自信を持てる美背中を手に入れましょう。


こちらの記事に関連する商品はこちら

  • ボディウォッシュ マイルドスクラブイン
  • ボディクリーム

こちらの記事も読まれています

  • BEAUTY TIPS
    2022/06/24 
    お疲れ顔の原因?まぶたのくすみをクリアにして澄んだ目元へ
    マスクをしていると目立つ“まぶたのくすみ”。今回はまぶたのくすみのケア方法や、メイクアップ方法をご紹介します。
  • BEAUTY TIPS
    2022/06/18  2022/06/24
    うねる、広がる、梅雨を憂鬱にする髪のお悩みにおすすめのケアをご紹介
    梅雨時期のお悩みの1つ“髪の広がりやうねり”。今回は梅雨におすすめの髪のお手入れ方法をご紹介します。
  • BEAUTY TIPS
    2022/06/02 
    何か方法はないの? 夏までになんとかしたい膝の黒ずみ
    ボディのなかでも黒ずみが目立ちやすい「膝」。その原因は日常生活にあふれています。
    今回は膝の黒ずみでお悩みの方に、おすすめのケア方法や予防法をご紹介します。