秋のスキンケアイメージ画像

秋のスキンケアのポイント。秋の肌トラブルの原因とおすすめのお手入れ方法をご紹介

秋の肌トラブルの原因と、それに対応したスキンケア方法についてご紹介します。

秋の肌枯れに注意!お肌を健やかに保つスキンケア方法とは?

日本には四季があり、その変化によって自然を身近に感じることができますが、その分季節に応じたスキンケアが重要となります。
注意したいのが、季節の変わり目のスキンケアです。季節の変わり目はお肌が不安定になりやすくトラブルが起こりやすい時期です。
特に夏から秋にかけての季節の変わり目は夏の紫外線や高温、エアコンによる冷えなどによるお肌の疲れが出やすく、また、乾燥が進む時期でもあります。
「秋の肌枯れ」とも言われるように秋はお肌の不調を感じる方が多く、そのままの状態で乾燥が深刻化する冬を迎えると肌トラブルにつながるだけでなく、肌老化の原因となる可能性もあります。
そのため秋にどのようなスキンケアを行うかが非常に重要になってきます。

今回は、秋の肌トラブルの原因と、それに対応したスキンケア方法についてご紹介します。


秋のお肌は悩みがいっぱい?発生しやすい肌トラブルをご紹介

秋にはどのような肌トラブルが起きやすいのでしょうか?
くすみや透明感のなさ、シミ・そばかす、肌荒れといった肌トラブルが挙げられます。
それらの肌トラブルに対処していくためには、それぞれの原因を知ることが大切です。
以下、詳しく解説していきます。

くすみや透明感の低下

夏のダメージは秋のお肌に現れます。
紫外線によるダメージでメラニンが蓄積され、お肌のくすみや透明感の低下につながります。 さらに秋は徐々に気温や湿度が低下し、乾燥が進んでいく時期です。
乾燥によってお肌のうるおいが不足し、透明感が失われ、くすみやすくなります。

シミ・そばかす

気温や湿度が低下することで、血液循環が悪くなりターンオーバーが乱れ、夏に蓄積されたメラニン色素が排出できずシミ・そばかすが現れる可能性があります。

肌荒れ

秋のお肌は、湿度の低下によりお肌が乾燥することに加え、花粉の影響でお肌のバリア機能が低下される方もいます。
その結果お肌がゆらぎやすくなり、肌荒れにつながります。
また、気温も低下するので冷えによって血行不良も引き起こし、ターンオーバーが乱れることなども肌荒れの原因となります。

秋に起こりやすい肌トラブルのケア方法

秋に起こりやすい肌トラブルについて、ケア方法をご紹介します。

<肌トラブル>くすみや透明感のなさにおすすめのケア方法

秋にくすみや透明感のなさが気になるのは、前述のように「夏に浴びた紫外線」と「乾燥」と「血行不良」が原因として考えられます。
そこで、以下のようなケアを行うのがおすすめです。


くすみの原因となる乾燥をケアする化粧品を使用する

秋の乾燥くすみにはお肌にうるおいを与えそれにアプローチできる化粧品を使用することがおすすめです


ララヴィ ブライトニングジェルクリームで明るく透明感のある、うるおいに満ちたお肌へ

ララヴィ ブライトニングジェルクリームは、乾燥によるくすみにアプローチするクリーム。
明るさを引き出し、キメの整った透明美肌に導きます。



入念な乾燥対策を行う

乾燥を防ぐためには入念な徹底保湿を行いましょう。
お肌をしっかりと保湿するために、水分と油分をしっかりお肌に与えることが大切です。


ララヴィ オイルインローション コンセントレイトで水分・油分・美容成分をお肌へ

オイルイン ローション コンセントレイトは、水分と油分を黄金比で配合したオイルインローション。
乾燥しがちなお肌を濃密なうるおいで満たします。


このほか、スキンケア以外で冷えを防ぐための工夫も必要です。
血行を促すためのマッサージを行う、シャワーだけではなくぬるめのお湯にゆっくり浸かる、適度な運動をするといったことを日頃の生活に取り入れてみましょう。
また、食事も大切です。各栄養素をバランスよく取り、身体を温める食材、例えば唐辛子や生姜といったものを心がけて摂取することもおすすめです。

<肌トラブル>シミ・そばかすにおすすめのケア方法

秋にシミやそばかすが多く発生するのは、前述のように夏の強い紫外線の影響で肌内部に過剰に蓄積されたメラニンの影響です。
本来であれば、メラニンはターンオーバーにより垢や不要な角質とともに排出されますが、紫外線を浴び過ぎたり、ターンオーバーが乱れていたりしていると、メラニンが過剰に蓄積されてしまいます。
この過剰に蓄積されたメラニンが、シミ・そばかすの原因となります。
シミ・そばかすのケアには以下のようなお手入れを行うのがおすすめです。


美白化粧品を使う

ビタミンC誘導体、トラネキサム酸、コウジ酸、エラグ酸など美白有効成分が配合された医薬部外品を使用するのがおすすめです。
毎日できれば朝晩コツコツと使用しましょう。


秋以降も紫外線対策は続ける

季節や天候を問わず、紫外線は容赦なく降り注いでいます。
そのため秋以降も紫外線対策はしっかりと行っていく必要があります。
日焼け止めは毎日しっかりと塗り、こまめな塗り直しも心がけましょう。

<肌トラブル>肌荒れにおすすめのケア方法

秋になるとお肌がピリピリしたり、赤みが出たりなど肌荒れの症状が出たりするのは、気温や湿度の低下により血行が悪くなり、肌のバリア機能が低下しやすいからです。
それに加えて秋特有の花粉に反応している可能性もあり注意が必要です。
そこで、以下のようなスキンケアを行うのがおすすめです。


刺激を与えないようにする

秋のお肌はゆらぎやすく、デリケートな状態です。
そのためお肌へ刺激を与えないように注意しましょう。
まずはお肌を擦らないことが大切です。
特にクレンジングや洗顔の際は汚れやメイクを落とそうとしてお肌を擦りやすいので注意しましょう。
つい指先に力が入りすぎてしまうという方は、薬指を主役にして手を動かすと指先に力が入りにくくなります。
また、この時期使用するアイテムもお肌にやさしい使用感のものを選ぶことをおすすめします。


ララヴィ クレンジングバームで優しくメイクオフ

ララヴィ クレンジングバームはクレンジング時のお肌への負担を軽減するクッションオイル配合し、優しくメイクオフが可能です。
汚れをしっかり浮かせるオイルと、汚れをからめて取り除くオイルを組み合わせた「クリアオフオイル」でスピーディにメイクオフができます。


保湿を重視する

汗ばむ夏は、さっぱり系のスキンケアアイテムに手が伸びがちです。
しかし、そういったアイテムを秋まで使用すると保湿力が物足りなくなってくるのではないでしょうか? 気温、湿度ともに低くなり、乾燥が進む秋には、保湿力の高いアイテムを使用することが大切です。

お肌を保湿する際は、水分の補給だけではなく油分の補給も心掛けましょう。
油分の多いクリームを使用することで化粧水で与えた水分にしっかりと蓋をしましょう。
お肌を整え、乾燥を防ぐには、セラミド配合のクリームがおすすめです


天然ヒト型セラミド配合のララヴィ アドバンストリッチクリーム

ララヴィ アドバンストリッチクリームは、人間の角質層に存在するセラミドと同じ構造を持つ「天然ヒト型セラミド」を配合したクリーム。
化粧水で整えたお肌にしっかりと蓋をしてうるおいキープします。


季節に合わせたスキンケアで健やかなお肌をキープ

秋に健やかなお肌をキープするためには、夏のお肌の疲れを持ち越さないことが大切です。

また、刺激を避け保湿に重点を置いたスキンケアを行う必要があります。美白化粧品を使用した美白ケアを行いながら、夏に引き続き紫外線をしっかりと防止しましょう。
今回ご紹介したケアをコツコツと丁寧に行い、すこやかなお肌で秋を過ごしましょう。

こちらの記事に関連する商品はこちら

  • オイルイン ローション コンセントレイト
  • ブライトニング ジェル クリーム
  • アドバンスト リッチ クリーム

こちらの記事も読まれています

  • 疲れ目
    BEAUTY TIPS
    2021/10/04 
    お疲れ顔に見えるのは目の下のクマが原因?種類別の予防法をご紹介
    なかなか消えない目のクマ。クマの種類別にそれぞれの予防方法をご紹介します。
  • ハンドケア イメージ画像
    BEAUTY TIPS
    2021/09/30 
    手の乾燥・手荒れが気になる。これからの季節に知っておきたいハンドケアのポイント
    手が乾燥しやすい理由と、秋冬を迎える前に知っておきたい、乾燥を防ぐハンドケア方法をご紹介します。
  • お肌の赤みコラムイメージ画像
    BEAUTY TIPS
    2021/08/31  2021/09/01
    赤ら顔がコンプレックス…お肌の赤みの原因とおすすめのお手入れ方法
    お肌に赤みを帯びてしまう原因と、そのケア方法についてお伝えします。