夏のお肌に美容オイルがおすすめの理由

たおやかなお肌を保つためにもオイルイン美容アイテムによるスキンケアなど、自分に合った方法で日常的に取り入れ、夏の肌トラブルを事前にケアしましょう。

肌のモイスチャーバランスに欠かせない美容オイル

「美容オイルは乾燥した肌に使うもの」
「オイル美容は秋や冬向きのスキンケア」
「夏のオイル使用はベタついて苦手」

このように考えて、夏のスキンケアから美容オイルを外していませんか。

夏は美容オイルを敬遠しがちですが、夏の肌こそオイルを使ったスキンケアがおすすめです。
なぜなら夏の肌は<紫外線><汗や皮脂の過剰な分泌><冷房>などによって、年間で最も過酷な状況にさらされ、肌状態が悪化しやすくなっているからです。


例えば、夏の肌で次のような状態を感じたことはありませんか。

「お肌にやわらかさがなく、スキンケアの浸透がよくない」
「夏なのに、肌が乾燥している」
「汗は出やすいけれど、うるおいを感じない」

このようなお肌の状態は、皮脂など油分の分泌量が原因のひとつになっています。
夏の肌には油分が過剰に分泌されているイメージをお持ちの方は多いかもしれませんが、実はそうでない場合も多々あります。


油分は、皮膚のモイスチャーバランス<水分・皮脂・NMF>を保つために欠かせません。
油分である美容オイルは皮脂の代わりとなって、肌の角質に含まれる水分が外へ蒸発するのを防いでうるおいを保つ「エモリエント効果」を発揮します。

さらに、肌を柔軟に保つことも役割のひとつです。美容オイルで肌に不足している油分を補うと、ツヤがあるなめらかな質感に整えることができます。
美容オイルは適切な使い方をすれば、べたつきなどの不快感もなく夏も快適に使えます。


このコラムでは、夏に起こりやすい肌トラブルと夏に取り入れやすいおすすめのアイテムをご紹介します。


美容オイルでケアできる!3つの夏の肌トラブル

夏の肌の内側では様々な肌トラブルの因子が発生しています。

その影響で夏の終り頃に肌荒れが急に起こったり、実年齢より老けて見られるようになったりすることも、少なくありません。
見た目には現れていなくても夏の肌は密かにダメージを受け続け、肌状態は悪化しやすくなっています。


夏に起こりやすい肌トラブルは大きく3つあります。

1)紫外線の影響による肌の硬化
2)汗や皮脂によるモイスチャーバランスの乱れ
3)冷房によるインナードライ

これらの肌トラブルには、美容オイルを使ったスキンケアがおすすめです。
まずは詳細と原因について知ることから始めましょう。


紫外線の影響によるお肌の硬化

夏は紫外線の影響で肌がごわついて硬くなり、乾燥も起こりやすくなります。

その原因は、繰り返し浴びる強い紫外線から、シミを発生させるメラノサイトの数が増えて肌の構造が変化したり、コラーゲンの変質・劣化によってお肌がハリや弾力を失ったりすることにあります。

このような外的刺激からお肌を守るために、余分な角質を溜め込み角質が厚くなることで、お肌の硬化が起こります。
お肌が硬くなり柔軟性が失われるとうるおい成分が角層に浸透しにくくなり、スキンケアをしても思うように肌へアプローチすることができません。
さらに紫外線のダメージが蓄積していくと、お肌のバリア機能が弱まり乾燥しやすい状態にもなってしまいます。

そんな肌状態には美容オイルがおすすめです。
美容オイルは硬化したお肌の角層をほぐすようにやわらかくし、うるおい成分が浸透しやすい状態に導き、さらに美容オイルで油分をチャージすることで、お肌の乾燥を防ぎます。


汗や皮脂によるモイスチャーバランスの乱れ

夏の肌はモイスチャーバランスが不安定になっています。その原因は、汗や皮脂の過剰分泌によるものです。

水分(汗など)と油分(皮脂など)が適度に混ざることでうるおいを保つ役割の「皮脂膜」ができますが、過剰な汗を頻繁に拭うことや、入浴や洗髪を過度におこなうことで「皮脂膜」は洗い流されてしまいます。

このように夏は汗と一緒に多くの皮脂が分泌されても、実際にはほとんどが肌から取り去られていることも少なくありません。
肌が本当に必要としている水分や油分がなくなるとモイスチャーバランスが乱れて、健やかな状態を維持できなくなってしまいます

そんな肌状態には美容オイルがオススメです。

化粧水などで水分をチャージすると同時に美容オイルを使うことによって、取り去られてしまった「皮脂膜」に代わって肌表面を包み、モイスチャーバランスを保つことができます。


冷房によるインナードライ

3つ目の原因は「インナードライ」によるものです。

「インナードライ」とはお肌の外側はうるおっていても、内側には水分が少なく乾燥している状態のことです。
夏のお肌は冷房の影響で、気づかないうちに「インナードライ」になっていることも珍しくありません。

お肌の露出が多い夏の服装は外気に素肌がさらされやすいため、空気が乾燥しやすい冷房の効いた室内で過ごせば肌から水分が蒸発しやすくなります。
さらに紫外線のダメージやモイスチャーバランスの乱れが加わると、お肌は水分が不足したうるおいのない状態になってしまうのです。

そんな「インナードライ」の肌状態にも美容オイルが配合された保湿アイテムを使うことで、お肌に適切な油分をチャージし、お肌の乾燥を防ぐことでうるおいとツヤのある肌を保つことができます。


美容オイルでツヤがあるなめらかな夏の素肌に

美容オイルは夏の肌にこそおすすめのアイテムです。

夏の肌は過酷な状況下で皮脂が不足して乾燥したり、やわらかさがなくなったりしています。

夏の肌トラブルには、油分の代わりになる美容オイルを使ったスキンケアがおすすめです。
水分と油分のバランスを整えるスキンケアで、うるおいのあるお肌をキープし、夏こそお肌の乾燥に注意し美しいお肌を目指しましょう。


夏に取り入れやすいオイルイン美容のスキンケア

美容オイルがおすすめというものの、どのように日常に取り入れるべきかお迷いの方も多いのではないでしょうか。どうしても使う量や使い方が難しいと感じる方もいらっしゃるかと思います。

また、美容オイルの中には酸化しやすいオイルもあるため、暑くて日差しが強い夏には、保存やケアのタイミングが難しく感じられるかもしれません。


そんな方にオススメなのが「オイルイン美容」です。オイルイン美容は美容オイルを単体のアイテムで使うスキンケアとは、少し異なります。オイル「イン」の言葉のとおり、美容オイルを配合した化粧水・美容液・乳液などのアイテムを使うのがオイルイン美容です。

ララヴィのオイルイン美容は多種多様な「ボタニカル美容オイル」と「高機能美容成分」を配合することにより、水分蒸発を防ぎうるおいをキープする保湿力、お肌を柔らかく整える作用など、オイル美容のメリットはそのままに日常のスキンケアに取り入れやすくしています。

また、オイルを配合しながらもべたつきにくい使用感を実現しています。


夏のスキンケアにおすすめのオイルイン美容アイテム

夏のスキンケアにおすすめのララヴィオイルイン美容アイテムは、<ブライトニングジェルクリーム>です。

夏の肌にも使いやすいみずみずしいテクスチャーで、肌になじませた瞬間 水分と美容成分が放出される独自の「ウォーターブレイク処方」や、美容オイルが肌表面でうるおいのヴェールを形成する「モイストラッピング効果」により、お肌のうるおいが長時間持続します。

「オイルはべたつく」というイメージがある方は、ぜひララヴィブライトニングジェルクリームのみずみずしいテクスチャーをお試しください。


肌にハリを与える“ゴールデンカメリーナオイル※ ”と“インカオメガオイル※2”、ビタミンKを含有する5種類の美容オイルがブレンドされた“オイルコンプレックス”などララヴィこだわりの美容オイルが配合され、オイルイン美容を堪能できるアイテムです。

※1 アマナズナ種子油 ※2 プルケネチアボルビリス種子油


ボタニカル美容オイルと高機能美容成分で、乾燥によるくすみにもアプローチし、ハリやキメを整え透明感のある肌へ導きます。

夏のお肌におすすめの美容オイル。

たおやかなお肌を保つためにもオイルイン美容アイテムによるスキンケアなど、自分に合った方法で日常的に取り入れ、夏の肌トラブルを事前にケアしましょう。

こちらの記事に関連する商品はこちら

  • オイルイン ブライトニング ジェル クリーム

こちらの記事も読まれています

  • 日焼け対策についてのコラム
    BEAUTY TIPS
    2021/06/01  2021/07/20
    日焼け対策は万全ですか?素肌を守るための効果的な予防方法
    日焼け止めアイテムの選び方や使い方のポイント、日焼け止めグッズ、アフターケアなど、日焼け対策の方法をご紹介します。
  • BEAUTY TIPS
    2021/05/21 
    【毛穴のお悩み別】オイルを効果的に使って陶器肌になるケア方法
    毛穴の黒ずみ・開き・たるみ、それぞれにおすすめの美容を使ったスキンケア方法をご紹介します。
  • BEAUTY TIPS
    2021/05/14 
    リップオイルとは?大人気のリップオイルについて解説
    保湿をしながらツヤツヤの唇を手に入れられる、リップオイルの魅力やおすすめの使い方をご紹介します。