大人ニキビは何故できる?イメージ写真

繰り返す大人ニキビは何故できる?
部位別の原因と対策

突然ポツッとできてしまうニキビは美しくありたい女性の天敵。
ばっちりメイクを決めてもニキビがあるとそこばかりに目がいってしまいますよね。
この記事では大人ニキビの原因と対策を部位別にご紹介します。

大人ニキビはなぜできる?思春期ニキビとの違いと原因

突然ポツッとできてしまうニキビは美しくありたい女性の天敵。
ばっちりメイクを決めてもニキビがあるとそこばかりに目がいってしまい、悩んでいる女性も多いのではないでしょうか?
治りにくく、跡が残ってしまいやすいのも大人ニキビの厄介なところです。

ニキビができた際、思春期の頃と同じニキビケアをしても治りにくいと感じませんか?
それは大人ニキビは思春期ニキビとは発生原因も対策も異なるからです。

思春期は皮脂腺の働きが活発になり、皮脂分泌が増えるために毛穴が詰まってしまうことが主な原因です。
お肌を清潔に保つことで改善されることが多いのですが、大人ニキビはさまざまな原因が複雑に絡み合っていると言われています。

例えば

  1. 乾燥による皮脂の分泌
  2. ホルモンバランスの乱れ
  3. メイク汚れが落としきれていない
  4. 睡眠不足、ストレス

などです。
これらの原因により、古い角質や過剰に分泌された皮脂が毛穴がつまってしまうことが大人ニキビの発生につながります。

くり返す大人ニキビに対処するためには、一時的に対処するのではなくニキビの原因を知り、肌状態を整えるスキンケアを心がけることが大切です。

大人ニキビは同じ場所に繰り返しできるという特徴がありますが、原因も部位によってさまざま。
次の章では大人ニキビの原因と対策を部位別にご紹介します。


大人ニキビができやすい部位と原因について

「私は顎にニキビができやすい」「おでこにできやすい」など人によってニキビができやすい部位は異なります。
大人ニキビができてしまう原因と対策を部位別にご紹介します。

口元・顎・頬にできるニキビの原因

Uゾーンと呼ばれる顎・頬は乾燥しやすい部位と言われています。
乾燥した皮膚は皮脂の過剰分泌を引き起こし、それが大人ニキビの原因となります。
マスクをつけたり頬杖をついたり、寝具に触れたりなど摩擦や雑菌が入り込みやすいこともニキビができる原因として挙げられます。
またこの部位のニキビは胃腸の不調・ストレス・ホルモンバランスの乱れが影響すると言われています。

唇の下にあるくぼみなど、洗いにくい場所もしっかりクレンジングをすること、乾燥を防ぐための保湿ケアをしっかり行うこと、ストレスを解消し規則正しい生活を心がけることでニキビができにくいお肌に導くことができます。

おでこ(額)・鼻にできるニキビの原因

Tゾーンと呼ばれるこれらの部位。
皮脂腺が多く、ニキビができやすい部位です。
特におでこ(額)は前髪と触れることで清潔な状態を保ちにくく、整髪料等の汚れがニキビ発生の原因につながります。
この部位にできるニキビのケアには肌を清潔にすることを心がけてください。
スキンケアではクレンジングをきちんと行い、洗い残しを防ぐこと、また脂肪分の多い食べ物を控えるなど生活習慣の工夫も大切です。

背中にできるニキビの原因

背中にできるニキビはかゆみを伴うことも多くつらいと感じる方も多いのではないでしょうか?
背中にできるニキビはシャンプー、ボディソープなどのすすぎ残しが原因になっていることが多いため、バスタイムの最後に背中をシャワーで洗い流すのがおすすめです。
ボディタオルでごしごし擦りすぎることで乾燥を引き起こしてしまう可能性もあるため、優しく洗って、お風呂からあがった後には、ボディクリームやボディミルクを使用し、保湿を心がけましょう。


できてしまったニキビを悪化させないためのケア方法

すでにできてしまったニキビにはどのようなケアを行うのが良いのでしょうか?

なるべくすぐに治したい&隠したいニキビ。
悪化させないための対策とメイクの際の注意点をご紹介します。

ニキビ肌のクレンジングは患部の刺激にならないように気をつけましょう

ニキビ肌にゴシゴシ洗いは厳禁です。クレンジングを長時間お肌につけておくのもニキビの炎症を悪化させる原因となるため、擦らずにメイクを落とすことができるクレンジング剤を選びましょう。
洗顔フォームを使用する際は、たっぷり泡立てて肌への摩擦を減らし、汚れだけを落とすよう心がけてください。
洗いすぎは乾燥を招き過剰な皮脂分泌の原因となるため、朝・夜の2回でOKです。
おでこにニキビができている場合はクレンジング・洗顔料の洗い残しがないようすすぎをしっかり行うことが大切です。

クッションオイル配合で摩擦を防ぐクレンジング

ララヴィ クレンジングバームは厚みのあるクッションオイル配合でクレンジング時の摩擦を防ぎます。また、汚れをしっかり浮かせるオイルと、汚れをからめて取り除くオイルを組み合わせたクリアオフオイルが、メイクと毛穴汚れをすっきりと落とします。

保湿ケアをしっかり行いましょう

前述した通り、乾燥は大人ニキビの原因となります。べたつきを防ごうとしてさっぱりした化粧水だけで保湿を完了させるのはNG。
保湿が十分でないとお肌は乾燥し、過剰な皮脂分泌の原因になります。
乳液などを使用して適量の油分を与え、乾燥を防ぎましょう。
適度な保湿を行い、水分と油分のバランスが整ったうるおった肌状態に整えることで過剰な皮脂分泌をコントロールすることができます。

油分と水分を同時にチャージできるオイルインローション

ララヴィ オイルインローションはオイル粒を配合した新感覚3in1ローションで、不足しがちな油分と水分を同時に補います。

ニキビ肌のメイクの注意

ニキビをメイクで隠す場合の注意点について解説します。
ニキビにコンシーラーを使う際は筆やチップを使用しましょう。
指で患部に直接触れるとニキビ悪化の原因となってしまうこともあるためです。
コンシーラーを塗った後は清潔なスポンジなどを使用し、ニキビに直接触れないように気をつけながらぼかしていくことが大切です。

今回は大人ニキビができる原因と対策について解説させてもらいました。
全然治らないと焦らずに、お肌を清潔に保つこととしっかり保湿を行うこと、そして生活習慣を見直すことで、ニキビができにくいすこやかなお肌を作っていきましょう。

こちらの記事に関連する商品はこちら

  • クレンジングバーム
  • オイルイン ローション

こちらの記事も読まれています

  • BEAUTY TIPS
    2022/08/26 
    ゆらぎ肌って何?おすすめのケア方法と生活習慣をご紹介
    健やかで美しいお肌を育むために、ゆらぎ肌の原因とスキンケアの方法についてご紹介します。
  • BEAUTY TIPS
    2022/08/19  2022/08/26
    肌悩みの原因はブルーライト?知っておきたい影響と対策
    毎日の生活に欠かせない、スマートフォンやパソコン。
    そこから発しているブルーライトを浴び続けていると、お肌や身体にどのような影響があるのでしょうか?
  • BEAUTY TIPS
    2022/08/12  2022/08/26
    肝斑にそばかす、シミの種類と原因を知ってきちんと予防
    肌悩みの一つ「シミ」。今回は“マスクシミ”などのシミの種類と、その予防法をご紹介します。