自分のお肌をセルフチェックしてスキンケアを楽しみませんか?

自分の肌タイプをセルフチェックする方法と、肌タイプ別のスキンケアポイントをご紹介します。

肌タイプを知ろう

皆さんは乾燥肌や混合肌など肌タイプの特徴や、ご自身の肌タイプはどれに当てはまるかご存知ですか?
ご自身の肌タイプを理解し、今後のスキンケアの参考にしてみてください。

肌タイプをセルフチェックする前に、大きく4つの肌タイプをご紹介します。


普通肌

脂性肌と乾燥肌のちょうど中間にあるお肌。
皮脂分泌量が適度で、お肌の水分量が十分にあり、テカリや脂っぽさが少なく、悩みが少ない肌質です。


乾燥肌

皮脂分泌量や水分量が少なく、カサついているお肌。
お肌のキメは細かいですが、お肌が荒れやすく、肌状態が乱れがちです。


脂性肌

皮脂分泌量が多く、顔全体が脂っぽくテカりが目立つお肌。
お肌が厚く、毛穴は大きめで開いています。


混合肌

皮脂分泌が活発で脂っぽいのに、肌の水分量が少なく、乾燥しやすいお肌。
皮脂が十分にあるのに角質層のバリア機能が弱く、水分量が不足しています。


肌タイプの特徴を知ったところで、次は自分でできる簡単な肌タイプ診断を2つご紹介します。


自分の肌タイプをセルフチェック

診断方法その1 時間がある時にオススメ~

洗顔後にタオルで顔をふき、10分間何もせずに待ちます。
10分後、鏡でお肌状態に変化がないかを確認し、さらにTゾーンと頬をそれぞれ10秒間、油取り紙で押し当て、油のつき具合を確認してください。
この結果で4つのどのタイプか判断します。


普通肌

10分以内にお肌のつっぱりを感じず、目元の小ジワが気にならない。油取り紙に油はつかない。


乾燥肌

つっぱりを感じ、目元の小ジワが気になる。油取り紙に油はつかない。


脂性肌

つっぱりを感じず、目元の小ジワは気にならない。Tゾーンと頬ともに油がつく。


混合肌

部分的につっぱりを感じ、目元の小ジワは少し気になる。Tゾーンのみ油がつく。



診断方法その2 起床時にオススメ~

目覚めて洗顔をする前に顔のUゾーンの状態が、どれに当てはまるかで簡単に肌タイプを判断します。


普通肌

べたつきも、カサつきも、ほとんどない。


乾燥肌

全体的にカサついている。


脂性肌

全体的にべたつき、カサつきはない。


混合肌

べたつき部分が多いが、カサつきも少しある。


最後にスキンケアで気をつける点を、ご自身の肌タイプに当てはめてチェックしてみましょう。


肌タイプ別:スキンケアで心がけるポイント

普通肌

季節によっては皮脂分泌が多くなったり、乾燥することもあるので、その時の肌状態に合ったケアをすることが必要です。
肌悩みは少ないですが、乾燥しがちな時はクリームを多めに塗ることをオススメします。


乾燥肌

冬になり乾燥が進むと皮膚がザラザラしたり、白い粉をふいたような状態になることもあります。
水分だけでなく油分も足りていないので、オイルをお肌に与えることも大切です。


脂性肌

鼻や額で毛穴が目立ち、赤みを帯びて見えます。ニキビや吹き出物ができやすく、化粧くずれしやすいです。
気になる毛穴の汚れは優しく洗い流し、テカる部分があるからと、化粧水だけで終わらせず、乳液やオイル、クリームでお肌にフタをし、うるおいを逃さないようにすることも大切です。


混合肌

夏は脂性肌で、冬は脂性乾燥肌になる等、季節で変化するという人もいます。
大人ニキビができやすく、部分的にカサつきが目立ちます。カサつく部分は重ねづけを行い、少し多く保湿するなど、調節してみましょう。



肌タイプというのは体調や季節、年齢により変化するため、こまめに自分のお肌の変化を確認し、その時に合ったスキンケアを取り入れてみてください。

こちらの記事も読まれています

  • BEAUTY TIPS
    2020/05/31
    化粧品の品質を確認する「官能評価試験」とは?
    化粧品の品質を確認する試験方法の1つ、官能評価試験についてご紹介します。
  • BEAUTY TIPS
    2020/05/26
    知っておきたい、紫外線の基礎知識 
    紫外線がお肌へ与える影響やダメージとは?
    お肌はどんなダメージを受けるのでしょうか? 紫外線の基礎知識と紫外線がお肌に与える影響について。
  • BEAUTY TIPS
    2020/04/18
    お肌のうるおいを守るセラミドの働き
    外部刺激からお肌を守るセラミドの働きについて解説します。